トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

イワシャジンの花が咲かない時の対処法

2016年09月10日 09:50

 このページでは、イワシャジンの花が咲かない時の対処法についてご紹介しています。


 ●イワシャジンとは?

 イワシャジンは、関東西部から中部南西部の山地の、涼しくてやや湿った岩場などで見られる草丈およそ20cm、大きなものでは70cmほどになる日本原産のキキョウ科ツリガネニンジン属の山野草で、学名をAdenophora takedae Makino(アデノフォラ タケダエ マキノ)と言います。イワツリガネソウという別名で呼ばれることもあります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

(山野草)イワシャジン(岩沙参)4号(1ポット)
価格:1350円(税込、送料別) (2016/9/9時点)


 イワシャジンの草姿は、一見すると線の細い葉や茎をもつ繊細な印象ですが、岩場などの他の植物が生育しにくい環境でしっかりと根を張る強さも備えています。同じ仲間に、草原などに自生するツリガネニンジンがありますが、生育の条件には大きな違いがあり、イワシャジンは、山地の沢や渓谷などに見られる冷涼な環境を好みます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【山野草】白花イワシャジン
価格:820円(税込、送料別) (2016/9/9時点)


 生育している地域によって、その姿や花色、大きさにも多少の違いがあり、その多くは自生している地域や土地の名を冠した変種として扱われることの多いイワシャジンですが、およそ7月の中頃からその年の10月中頃まで、季節で言えば、夏の終わりから秋にかけて開花期を迎える耐寒性のある山野草ということで共通した性質を持っています。

 イワシャジンは、細く伸びた茎の先に、先端が5つに切れ込んだ青紫色の釣鐘形の花つけます。品種によっては白い花を咲かせるものもあります。


 ●イワシャジンの花が咲かない時の対処法

 イワシャジンの花を咲かせるためには、用土や置き場所など、いくつか改善点が考えられますが、今回は用土に注目した、花が咲かない時の対処法をご紹介してみましょう。

 冒頭でもご紹介したように、イワシャジンは、関東西部から中部南西部の山地の、涼しくてやや湿った岩場などで見られる山野草です。そこで、イワシャジンの栽培用土として、保水性とともに、余分な水を排出する性質に優れた、水はけの良い土を使って植え替えを考えてみましょう。

 一例として挙げると、桐生砂と小粒の軽石(日向土など)を等量に混ぜた混合土や、鹿沼土の単用などがこれにあたります。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

盆栽用:桐生砂 2L
価格:259円(税込、送料別) (2016/9/9時点)


 ちなみに、桐生砂とは、群馬県赤城山系、桐生市周辺で産出される火山砂礫(かざんされき)が風化した赤茶色をした山砂のことで、多孔質であることから、通気性や保水性に優れ、硬くて崩れにくいという性質があります。一般的には、通気性を改善する目的で、他の用土に混ぜて使用することの多い桐生砂ですが、山野草には単体で用いることもできます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

粉抜極上品 鹿沼土 約16-17L[g7.5]
価格:583円(税込、送料別) (2016/9/9時点)


 また、鹿沼土も、桐生砂と同じく火山砂礫が風化してできた黄色い土(軽石質の玉土)で、栃木県鹿沼市特産の土として知られています。性質も桐生砂と共通していて、通気性、保水性に優れています。

 他の用土との混用によって通気性や保水性を改善する使い方が一般的ですが、山野草の用土として単用することもできます。なお、山野草の用土として単用する場合は、硬質鹿沼土をふるいにかけて微塵(微塵粉)を抜いたものが適しています。

 そのほか、市販されている山野草専用の培養土などを使って、山野草用の腰高の植木鉢に植え替えてみてください。

 腰高の鉢を使う理由は、茎の先に垂れ下がるように花を咲かせるイワシャジンの風情ある花姿をより楽しむには、背の低い鉢よりもすこし背丈のある腰高の鉢のほうが適しているからです。また、軽石をくり抜いて作った野趣のある創作鉢などに植えてもよく似合います。

 今回は、イワシャジンの花が咲かない時の対処法についてご紹介しました。
スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

シクラメンに適した冬の温度環境と置き場所

2014年11月14日 12:54

 このページでは、シクラメンに適した冬の温度環境と置き場所についてご紹介しています。


シクラメン

 冬の鉢花として人気のシクラメン(Cyclamen)は、気候温暖な地中海沿岸地域の山地に自生するサクラソウ科シクラメン属の多年草とその改良品種で、日本でシクラメンといえば、主に園芸用に品種改良されたペルシカム種とその系統品種のことを指しています。

 シクラメンペルシカムは、主に中近東のイスラエル、パレスチナ、シリア、ギリシャ、トルコ、およびロードス島、キプロス島、シチリア島などに広く分布しています。


 シクラメンに適した冬の温度環境

 先ほどご紹介したように、シクラメンは地中海性気候の温暖な地域で生まれた植物ですので、一年を通して空気の乾いた15℃~20℃の程よく暖かい環境を好みます。

 冬に鉢花として多く出回るシクラメンは、生育開花に最適な地中海性気候に近い条件に整えられた温室で育てられていますので、冬の室外での栽培は基本的に無理だと考えておきましょう。

 ただし、エアコンの効いた室内でも、高温環境の限界の25℃を越えると痛みやすくなります。また、低温環境の限界はおよそ8℃までで、昼間は暖かい窓辺も、夜になると冷え込みが強くなり、痛みやすくなります。

 このことについて、埼玉県にあるシクラメンの栽培農家、戸井田農園さんのHP(花・工房 戸井田園芸のホームページ)によると、シクラメンの生育適温は15℃~20℃で、日当たりのよい環境で次々と花を咲かせる性質があり、昼と夜の温度差が10℃以内が理想、15℃を越えるとやや生育が鈍りはじめ、20℃を越えると株が痛む、とあります。

 シクラメンにとっての最適な冬の室温は、人の暮らしやすさとの兼ね合いや、温度の分布、湿度などによっても多少上下しますが、基本的には15℃~20℃を目安にして、昼との夜の温度差が15度を越えないようにすることが、長く花を楽しむポイントといえそうですね。

  シクラメンに適した冬の置き場所

 温室シクラメンが多く出回る12月頃から4月頃までは、暖かい窓辺のような、ガラス窓越しに日光が入る場所にが適しています。

 ただし、昼間は暖かい日差しが射しこむ窓辺も、夜間になると急激に温度が下がります。窓からの冷気で株が痛まないように、厚めのカーテンをかけたり、室内の奥のほうに移動するなどの工夫をしておいてくださいね。

 また、咲き終わった花は、根元から指先でひねるようにして摘んでおくと、次々と花が咲くようになります。そうそう、いつも同じ方向ばかり光に当てると、一方向に偏った株になってしまいますので、定期的に鉢の向きを変えて、株全体にまんべんなく光が当てることも、忘れないようにしてくださいね。

 もっと上手にシクラメンを育てるコツについて知りたい方は、姉妹サイト(HP)のシクラメンの育て方で詳しくご紹介していますので、よろしければご覧になってみてください。

 今回は、シクラメンに適した冬の温度環境と置き場所についてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方

2014年09月20日 12:52

 このページでは、クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方をご紹介しています。

クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方

 クリサンセマム・パルドサムは、ヨーロッパ・地中沿岸・北アフリカ周辺を原産とするキク科の草花で、日本に入ってきたのは1970年代の頃といわれています。

 ”クリサンセマム”という呼び名は、もともとキク属(Chrysanthemum)全体を指す言葉なのですが、園芸店などでは一般に、白い花色の”レウカンセマム・パルドサム (Leucanthemum paludosum=Chrysanthemum paludosum=ノースポール)”と、黄色い花を咲かせるアルジェリア原産の、”クリサンセマム・ムルチコーレ(Chrysanthemum multicaule)”のことを”クリサンセマム”として販売されていることが多いようです。

 クリサンセマム(ノースポール)は、その清楚な白い花の姿が北極の白い氷を連想させることから、北極星を意味する”ノースポール”という別名で呼ばれるようになったのだそうです。

 クリサンセマム(ノースポール)は、一般的に秋にタネをまいて翌春から梅雨前ごろまで花を咲かせ、その後枯れる秋まき一年草として扱かわれていますが、秋の10月頃から春にかけて出回る花つきの苗を購入した場合は、育てる地域によってはその年の12月頃から、翌年の6月頃間まで花が楽むことができます。

 草丈はおよそ15cmから30cmで、白い花色のノースポールがよく知られていますが、やや性質の違う黄色い花を咲かせるムルチコーレも人気があります。花の大きさはおよそ3cmから4cm、舌状花と呼ばれる花を咲かせます。


 クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方
li03-08.gif
 秋から春に多く出回る花つきの苗で購入する場合は、どんなところに注意して選んだらいいのか、そのポイントをいくつかご紹介してみましょう。

 園芸店などでは、ポットや鉢に入った様々な大きさの苗が並んでいます。すでにたくさんの花が咲いているものや、花数は少ないものの、蕾がたくさんついたもの、背丈の高いもの、低いものなど様々ですが、まず、花や蕾の数にはあまりこだわらずに、できるだけコンパクトな枝の数の多いものを選んでおきましょう。

 気持ちとしては、今たくさんの花を咲かせているものや蕾の数の多いもの、大きく成長しているものに目が行ってしまうものですが、枝数の多い小さくコンパクトにまとまった株の方が、春にかけて、よりたくさんの花を咲かせてくれますので、苗選びの参考にしてみてください。

mum_003s.jpg
 クリサンセマム(ノースポール)は、冬の寒さにも強く、一度植えるとこぼれ種からどんどん芽を出して成長します。丈夫で育てやすく、ガーデニングは初めてという方でも花壇や寄せ植え、ハンギングバスケットで簡単に育てることができますので、ぜひ育ててみてください。


 今回は、クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方をご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

薬剤を選ぶとき、薬剤を使うときの基本とポイント

2014年07月01日 12:24


 梅雨が過ぎ、季節が夏へと向かうにつれて草花の生育も活発になっていきます。それに伴って、草花に被害をもたらす病害虫の活動も活発になってきます。

 そうした病害虫による被害の予防や駆除、治療に用いられる病害虫防除のための薬剤は、目的や用途、対象となる病害虫や植物などの種類に応じて様々なものがあります。

 病害虫防除のための薬剤は、正しく使えばとても頼もしい存在となりますが、使い方を誤ると、充分な効果が得られないばかりでなく、大切に育てている植物に薬害を生じさせてしまうこともあります。

 そこで今回は 薬剤を選ぶとき、薬剤を使うときの基本となる大切なポイントをいくつかご紹介いたします。薬剤を正しく選ぶ、正しく使うことは、草花の病害虫防除の基本ですので、参考にしていただければと思います。

 薬剤の正しい選び方

 1.薬剤を使用する対象を見極める。

 草花に薬剤を使用する必要が生じるのは、予防を別にすれば、ほとんどの場合草花に何か異変が起きたときです。目に見える好ましくない変化といってもいいかもしれません。葉や花や茎が縮れたり枯れたり変色したり異物が付いたようになったり…。薬剤を選ぶ上でまず大切なことは、そうした症状が病原菌によるものなのか、それとも害虫によるものなのかを見極めるということです。

 一見すると同じように見える症状でも、ウィルスやカビ(真菌)による病気が原因の場合と、病害虫による食害が原因の場合、そしてそうした原因に誘発されて発生した二次感染が原因の場合もあります。

 薬剤は病害虫に用いるものと、病気に用いるものとではまるで違います。ここを間違えると、望んでいた効果が期待できないばかりでなく、さらに草花にダメージを与える薬害を引き起こすこともあります。

 慣れていても見極めが難しい領域ではありますが、薬剤を選ぶ前に、草花に現れた症状をよく観察して、それが害虫によるものなのか、病気によるものなのかをしっかりと見極めることに時間をかけてみてください。何に対して薬剤を使うのかがわかれば、自然に薬剤の種類もタイプも決まります。

 2.薬剤のタイプによる違い、特性、効果現れ方を知る。

 何に対して薬剤を使うのかがわかれば、自然に、どの薬剤を選べば良いのかが決まってきます。ただ、その際に知っておきたいことがあります。それは薬剤のタイプによって、特性や効果の現れかたに違いがある、ということ。簡単に言えば、固形か液体かという違いです。

 固形の薬剤は、多くの場合、効果が長く続く代わりに、効果が現れるまでに少し時間がかかります。その理由は、固形の薬剤は土に薬効成分が浸透して根から吸収されて初めて効果が現れるから。

 薬剤が徐々に溶け出して土に浸透して効果が現れるまでに、どうしても数日以上かかります。ただし固形の薬剤は、その後も少しずつ溶け出して土に浸透していきますので、効果が長く続くということでもあります。こうしたことから、固形タイプの薬剤は、多くの場合予防も兼ねた対策として用いられます。

 一方液体の薬剤は、スプレー式薬剤のように、そのままで使うか、決められた倍率まで希釈(薄めること)して散布するかの違いはありますが、基本的に効果がすぐに現れる反面、繰り返し使用しなければ効果が長続きしないという特徴があります。こうした液体タイプの薬剤は、予防にももちろん使いますが、主に即効性を要求される状況での病害虫駆除に多く用いられます。

 もし、すぐにでも対処しなければ被害が急速に蔓延する害虫や病気に、固形タイプの薬剤を用いた場合どうなるかをイメージしていただければ、薬剤のタイプによる違い、特性、効果現れ方を知ることの大切さも、おわかりいただけるのではないかと思います。

 3.薬剤には、植物の種類によって効果の出にくいものがある。

 薬剤には、対象となる害虫や病気があるのと同じように、効果の出やすい植物と出にくい植物とがあります。対象となる害虫や病気に効果のある薬剤を使っても、使う草花や植物によっては効果の出にくいものもあるのです。それを表示しているのが、薬剤にのパッケージにある適用病害虫と、適用植物の記載及び、取り扱い説明書です。

 薬剤を選ぶときには、この記載事項を必ず確認して、対象となる病害虫名と、対象となる適用植物の名前を必ず確認しておきましょう。そして薬剤に同梱してある取り扱い説明書には、正しい使い方や、使用に適した時期、使用に際しての注意事項なども併せて記載されていますので、使用する人や周囲に対する安全のためにも、必ず目を通しておいてくださいね。


 今回は、薬剤を選ぶとき、薬剤を使うときの基本となる大切なポイントをいくつかご紹介しました。お役にたちましたでしょうか。それでは、また…。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

あさがお(朝顔)の種まき後の上手な管理方法

2014年05月12日 12:04

 このページでは、あさがお(朝顔)の種まき後の上手な管理方法について、ご紹介しています。


あさがお(朝顔)の種まき後の上手な管理方法

 あさがお(朝顔)の種を蒔いてはみたものの、いっこうに芽が出なかったり、蒔いた種の数よりも、芽を出した数が極端に少ないといったことがあるようなら、種まき後の管理にちょっとした間違いや、勘違いがあるかもしれません。

 今回は、そうしたあさがお(朝顔)の種まき後の上手な管理方法について、ご紹介します。

 今回は、あさがお(朝顔)の種まきに必要な芽出し(硬実処理)がきちんと行われていること、土の保水性と排水性に問題がないことを前提としてお話しますので、もしその点に不安があるようなら、当サイトの朝顔(アサガオ)の発芽 … 朝顔の芽が出ない原因も併せてご覧になってみてください。
 

 朝顔の種の発芽適温

 あさがお(朝顔)の発芽には、およそ20℃~30℃の気温環境が必要です。こうした、発芽に必要な気温のことを発芽適温とも言いますが、多くの草花が気温10℃くらいからでも発芽が始まることを考えると、あさがお(朝顔)の発芽適温がかなり高めであることがおわかりいただけると思います。

 そして大事なことは、このあさがお(朝顔)の発芽に必要な気温が、少なくとも4~5日必要であるということです。

 つまり、たまたま気温の高い日があった、くらいでは発芽しないということですね。これは、お住まいの地域の平均気温との兼ね合いもありますので、もし平均気温が20℃を下回る日が多いようであれば、発芽がもうすこし後になる可能性も高いということになります。

 ちなみに、あさがお(朝顔)の種は、20℃あたりでゆっくり発芽させるよりも、25℃くらいで一気に発芽させるほうが、その後の生長にも良いと思います。

 このことについては、ニチノウ(日本農産種苗株式会社)の朝顔の種まき方法のページでも、検証結果と併せてご紹介されていますので、参考にしてみてください。


 種まき後の水遣り

 あさがお(朝顔)の種は、ほかの草花の種に比べて、かなり硬い種皮に覆われています。そのため、そのまま種を蒔いても、水を吸収しにくいことから、種の一部に傷をつけて水分を吸収しやすくする給水処理という作業が必要になります。

 このページでは、その給水処理が行われたことを前提にお話していますが、もしも給水処理が行われなかった場合、やはり発芽が遅れたり、発芽しなかったりといったことが起こります。

 そして、これは、勘違いが起きやすい部分でもあるのですが、種皮に傷をつける給水処理が必要なのは、あさがお(朝顔)の種が水を吸いにくい構造をしているからであって、あさがお(朝顔)の種が、発芽にたくさんの水を必要とするということではないということを心に留めていただければと思います。

 むしろ、多すぎる水は、種を腐らせたり、根の生長を妨げて軟弱にしたりといったトラブルの原因にもなりますので、十分な注意が必要です。

 事前に、種まき用の土に、十分に水を含ませている限り、毎日の水遣りは必要ありません。あさがお(朝顔)の種にとっては、土の表面が乾燥しかけていることを確認してから水遣りをすれば、それで十分ということです。

 
 このことについても、先ほどご紹介した、ニチノウ(日本農産種苗株式会社)の朝顔の種まき方法のページでもご紹介されていますので、くれぐれもご注意くださいね。


 それでは、すてきなあさがお(朝顔)の花、咲かせてくださいね。


 今回は、あさがお(朝顔)の種まき後の上手な管理方法についてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。