トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ハイドランジア(アジサイ)の挿し木と花後の管理法

2009年06月20日 21:52

 このページでは、ハイドランジアアジサイ)の挿し木花後の管理法についてご紹介しています。


ハイドランジア(アジサイ 紫陽花)



 花屋さんなどで、”ハイドランジア”として販売されているユキノシタ科のアジサイ紫陽花は、もともと日本原産のアジサイが、ヨーロッパやアメリカで品種改良されたものです。

 ハイドランジアは、原種のアジサイでは見ることができない花色や、豪華さを鉢植えでも楽しむことができます。



ハイドランジア(アジサイ)の主な種類と特徴
 ハイドランジア(アジサイ)の主な種類と特徴


 ホルテンシア系 … 花の姿が球状にこんもりとまとまる一般的なタイプ。

 レースキャップ系 … ガクアジサイの代表的系統で、青、青紫、赤紫、ピンク、白など多彩な色が楽しめます。

 ピコティ … 本来は萼(がく)が変化した”花びら”の周囲が白いタイプで、フラウ・レイコ、フラウ・タエコなどがあります。




鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の開花中の管理法
 鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の開花中の管理法

鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の開花中の管理法

 花が咲いている間のハイドランジアアジサイ)は、半日陰のようなところに置いても、開花に問題はありませんが、できるだけ陽当たりのよい場所において管理しましょう。


 花が咲く前の段階では、十分な陽当たりが不可欠です。

 置き場所としては、陽当たりのよい窓辺や、ベランダ、軒先などが最適です。ただし、屋外で管理するときには、鉢土の乾燥に十分注意をしてくださいね。


 また、開花中は十分な水が必要になります。鉢植えは、地植えに比べて乾燥しやすいので、水を切らさないようにするのがポイントです。


鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の花後の管理法
 鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の花後の管理法


 花が終わったハイドランジアアジサイ)は、花のついていた位置から3節目くらいで切り戻しを行います。

 切り戻しを行わずにそのままにすると、茎が伸びてどんどん高い位置に花がつくようになり、間延びした株になって見苦しくなるので、大きな株にすることを前提に鉢替えをする場合でも、必ず切り戻しを行うようにしましょう。

 また鉢替えをするときには、根を1/3ほど切り落として、ひとまわり大きな鉢に植え替えるのも大切なポイントです。


鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の挿し木の方法
 鉢植えのハイドランジア(アジサイ)の挿し木の方法


ハイドランジア(アジサイ 紫陽花)
 ハイドランジアアジサイ)の挿し木に最適な時期は、5月から6月頃です。

 1.挿し木に使う挿し穂は、花がつかなかった新芽の先端から3節目あたりで切ったものを使います。

 挿し木の土に挿す部分は、良く切れるカッターなどで、もう一度斜めに切り直してください。

 その理由は、剪定ばさみなどで茎を切った場合、その構造上どうしても茎を押し潰しながら切るということになります。その際に、吸い上げた水を運ぶ役目をする道管まで潰れてしまいます。

 挿し木の場合、まだ根がありませんので、この道管の切り口が水を吸い上げる根の役割も果たすことになります。これを剪定はさみなどで潰してしまっては、挿し穂は水が足りなくなってしまいます。

 そこで、この道管を潰さないように、良く切れるカッターでもういちど斜めに切り落とす、というわけです。

 斜めに切り落とすのは、道管の表面積を少しでも大きくして、より多くの水を吸い上げやすくするためです。


 次に、挿し穂についているすべての葉を、半分に切り落とします。(もしくは、挿し穂の先端についている葉を1枚残して、他の葉をすべて取ってしまうという方法でもかまいません)

 この挿し穂の葉を半分に切り落とす、あるいは1枚だけ残して取ってしまうのは、蒸散によって葉から水分が逃げるのを抑えるためです。

 根が出るまでは、挿し穂は十分な水を吸い上げることができませんので、出て行く水分を抑制して、バランスをとってあげる、というわけです。必ずすべての葉を半分に切りつめるか、もしくは1枚だけ残して取り去るかしてください。(どちらの方法でもかまいません)

 そして鹿沼土、赤玉土、バーミキュライトのいずれかを用土にして、およそ2cmくらいの深さに挿します。

 挿し木の用土は、滅菌された清潔な土であること、肥料が配合されていないことが条件となります。
 草花用の培養土や、混合土は前もって肥料が配合されていますので、不可能ではありませんが、挿し木の用土としては不向きです。


 挿し木の用土には、鹿沼土、赤玉土、バーミキュライトのうちの、どれかひとつにしてください。


 挿し穂を挿した鉢は、根が出るまでマルチ(ビニール袋でもかまいません)などで覆って管理します。


 2.およそ1ヶ月くらいで挿し穂から根が出てきますので、根土を崩さないようにそっと掘り出して、4号くらいの鉢に植え替えます。植え替えの用土は、市販されている草木の培養土でもかまいません。


 自分で配合する場合は、


 赤玉土(小) 6:腐葉土 3:バーミキュライト 1 


 の割合にしていただければよいかと思います。


 3.植え替えを終えて、9月になる前に、摘芯(てきしん)を行います。方法は、土のところから3節目を残して、先端部を切り落とせばOKです。

 摘芯は、脇芽を増やして株を充実させるために行う作業で、先端を摘むことで、自然と脇芽が出て、株がこんもりとした形になり、より多くの花を楽しむことができるようになります。

 4.10月頃になると古い葉が落ちたあと、新芽が出始めます。そして、翌年の1月頃に、もう一度ひとまわりり大きな鉢に植え替えてください。
 

 今回は、ハイドランジアアジサイ)の挿し木花後の管理法についてご紹介してみました。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

草木の病気の予防と対策 … うどんこ病、すす病、さび病

2009年06月14日 15:52

 このページでは、草木のかかりやすい病気うどんこ病すす病さび病の予防と対策についてご紹介しています。



鉢植えに多い草木の病気
 鉢植えに多い伝染性の草木の病気


 草木のかかりやすい病気の中で、もっとも多いのが、うどんこ病すす病さび病赤星病黒星病です。


うどんこ病
 うどんこ病


  うどんこ病 … うどんこ病は、草木の葉や茎が、うどん粉をまいたように白いカビ(黴)に覆われる病気です。

 はじめはちいさくても、気温が高く乾燥しがちな季節には一気に蔓延しやすい病気で、見た目が特徴的ですので、他の病気と見間違うこともなく、かんたんに区別することができます。

 うどんこ病の直接の原因は、 ウドンコカビ科の子嚢菌(不完全菌)で、キク、バラ、ボタン、ブドウ、モモなどに多く発生します。


 うどんこ病の予防には、

 1.チッ素肥料を少なめにして、風通しをよくする。

 2.水はけの良い用土を使って、根の生長を促進させる。

 3.乾燥状態が続くと発生蔓延しやすいので、定期的に水をまいて、乾燥を防ぐ。

 などが、効果的です。

 また、発生したうどんこ病には、市販の殺菌剤(アゾール系や炭酸水素カリウムなど)が効果的ですので、早めに処置をしておくことが大切です。


すす病
 すす病


  すす病 … すす病は、草木の葉や枝、茎が、まるで黒いすすをまいたように覆われてしまう病気で、やはりカビ(黴)が原因です。

 すす病に冒されると見た目が悪くなるばかりでなく、草木の葉や茎で行われる光合成の妨げとなりますので、草木の生育も悪くなって、次第に弱々しくなってゆきます。

 ただ、すす病は直接草木に寄生して、養分を吸い取るわけではありません。

 すす病の原因となるカビ(黴)は、アブラムシやコナジラミなど草木の汁を吸う吸汁性害虫の排泄物を栄養にして繁殖しますので、吸汁性害虫の繁殖期に当たる4~10月にはすす病の発生も多くなりますが、それ以外の季節では減少します。


 すす病の予防と対策はここがポイントです。


 つまり、言い方を変えれば、すす病は、直接草木に寄生するわけではないので、吸汁性害虫を駆除できれば、すす病も自然となくなるということですね。

 すす病そのものを治療する薬剤にはダイセン、トップジンなどが有効ですが、吸汁性害虫を駆除しない限り、モグラたたきのようなもので、根本的解決にはなりません。

 ですので、吸汁性害虫の駆除に効果的な、スミチオン乳剤、オルトラン水和剤、アクテリック乳剤などを定期的に散布して吸汁性害虫を駆除することがいちばんの近道です。

 すす病は、吸汁性害虫が好んでやってくる草木、特に野菜や果物などを中心とした、ほとんどの草木に見られます。


さび病
 さび病

  さび病 … さび病は、さび病菌が寄生することによって発生します。

 はじめは葉に黄褐色の斑点が現れ、次第に盛り上がって表皮が破れ、指で触れると鉄サビのような粉がつく病気です。

 症状がひどくなると、葉全体を赤さびのようなもので覆われ、葉がカールして枯れてしまいます。

 さび病の原因菌は、時期によって寄生する草木を替えるという特徴を持った、”異種寄生菌”としてよく知られています。

 どういうことかというと、さび病菌は、まずとりあえずの仮の住まいとなる中間寄主に寄生したあと、草木に引っ越してくるのです。

 そのため、さび病菌の中間寄主となる草木を近くに置かないことがとても重要になります。

 中間寄主となる草木には、カタバミや、ポピー、ウツギ、マンサクなどがあります。また、笹(ササ)やヤナギ、カラマツなども中間寄主となります。

 さび病は、一度発生すると完治しにくく、かなりやっかいな病気ですので、予防がとても大切です。


 さび病の予防法


 さび病の予防法には、まず、土の排水性を改善しましょう。

 水はけを好む草木はできるだけ水はけの良い土に植え替えください。そして、先にご説明した中間寄主となる草木から遠ざけて育てるようにします。

 雑草もさび病菌の中間寄主となりますので、鉢植えの雑草はこまめに抜き取り、周囲の雑草も除去しておきます。

 水やりの際には、株に水をかけないように注意して、 風通しの良いところで管理し、雨に当てないことがポイントです。

 またじゅうぶんな日照時間もさび病予防には不可欠です。

 冬の間(1~2月頃)に、石灰硫黄合剤を1度か2度、散布しておくとさび病の発生を予防できますので、忘れずに。


赤星病・黒星病
 赤星病・黒星病

 このほか、赤星病や黒星病なども、草木のかかりやすい病気ですので、注意が必要です。


  赤星病 … はじめに葉の表面にオレンジ色の斑点があらわれ、その斑点が次第に大きくなってきます。バラ、ボケ、ナシ、リンゴなどに多く見られます。

  黒星病 … 葉に、淡褐色、あるいは黒い、しみのような斑点が発生します。バラ、ハマナスなどに多く見られます。


 草木のかかりやすい病気の基礎知識については、当サイトの、

 草木の病気の基礎知識

 をご覧ください。



 今回は、草木のかかりやすい病気、うどんこ病すす病さび病の予防と対策についてご紹介してみました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

草木の病気の基礎知識

2009年06月14日 15:21

 このページでは、鉢植えの草花を育てる上で知っておきたい草木の病気の基礎知識についてご紹介しています。



草木の病気
 草木の病気

  鉢植えに限らず、草花などの草木を育てる上で、誰もが頭を抱える問題、それが病害虫による草木への被害です。

 草木はやってくる害虫や、雨や風にまぎれてやってくる病原菌から、自分の体を動かして逃げることができません。育てている私たちが生育に適した環境を整えてあげる必要があります。

 そのためには、病害虫の正しい知識と対策が欠かせません。

 そこで今回は、鉢植えの草花を育てる上で知っておきたい、草木の病気の基礎知識についてご紹介してみましたので、ぜひご参考になさってみてください。


草木の病気の基礎知識
 草木の病気の基礎知識


  大切に育てている鉢植えの草花の様子がおかしい、葉の色が悪くなった、ツヤがなくなった、株が弱々しくなった、蕾が出ない、せっかく出た蕾がぽろぽろ落ちる、花が咲かない ……。

 草木を育てているといろんなことが起こります。水やりや陽当たりが原因の場合も、もちろんありますが、もし病気が原因だとしたら、早めの処置が必要になります。

  草木には、大きく分けて、糸状菌(カビ)、細菌類(バクテリア)、ウィルスなどに侵入されることによって病気になる場合と、環境などの影響で病気になる場合の2つがあります。この2つは、伝染する病気と、伝染しない病気、というふうに言い換える事もできます。


伝染する草木の病気
  伝染する草木の病気

 草木のかかりやすい病気の中で、注意しなければならないのが伝染する草木の病気です。悪くすると、病気が発生した株だけでなく、一緒に育てている草木全体が感染して、大きなダメージを受けるということも珍しくありません。


伝染する草木の病気の原因
 伝染する草木の病気の原因

 1.カビ(黴)が原因となって病気が引き起こされる場合。

 胞子で繁殖するカビ(糸状菌)が、草木に付着して発芽し、繁殖しながら草木の細胞内にまで侵入して様々な症状を引き起こします。


 2.バクテリアが原因となって病気が引き起こされる場合。

 バクテリアは、カビ(黴)よりもずっとちいさく、その多くは”べん毛”を持っていて、水(水分)があるところであれば泳いで移動し、細胞分裂によって増殖します。


 3.ウィルスが原因となって病気が引き起こされる場合。

 ウィルスは、バクテリアよりもさらにちいさく、草木の胎内に侵入して増殖します。

 そのため、一度ウィルスによる病気にかかると、農薬などの薬剤を使っても回復させることが困難で、感染した草木の株自体が感染源となりますので、多くの場合引き抜いて処分することになります。


伝染する草木の病気の伝染経路
  伝染する草木の病気の伝染経路


1.雨水などに病気の原因菌が混入し感染。

2.原因菌の胞子が、風に飛ばされて飛来し感染。

2.土に病気の原因菌が混入し、根から感染。

3.昆虫やその他の小動物が仲介となって病気の原因菌に感染。

4.病気の原因菌が付着した用具、用品を使用して感染。


伝染しない草木の病気
 伝染しない草木の病気

 草木の病気は、カビ、バクテリア、ウィルスなどによって発生しますが、植えられている環境や、天候、間違ったお手入れなどによる場合でも病気になることがあります。

 言うまでもなく、草木が健康に生長するには水分、養分、太陽の光が必要です。この3つのバランスが崩れてしまうと細菌の感染といったものとは別の生理的な障害によって草木は病気になることがあります。

 ただ、この場合は、その環境を改善してあげれば病気はそれで収まり、他の草木に伝染することはありません。


伝染しない草木の病気の発生原因
 伝染しない草木の病気の発生原因

1.土 … 排水性、通気性、保水性がその草木の生育に適していない場合、病気になることがあります。また土の酸性度(Ph)が偏って、過度にアルカリ性が強い、あるいは過度に酸性が強いなどの場合も病気の原因となります。

2.天候 … 高い気温、低すぎる気温、梅雨の長雨、日照不足、日照り続きなどが原因で草木に病気が発生します。

3.管理 … 不適切な草木の管理が原因となって病気が発生します。具体的には、肥料の与えすぎ、水分の与えすぎ、間違った薬剤の使い方などがその原因として挙げられます。


 草木のかかりやすい病気の予防と対策については、当サイトの、

 草木の病気の予防と対策 … うどんこ病、すす病、さび病

 をご覧ください。



 今回は、、鉢植えで草花を育てる上で知っておきたい草木の病気の基礎知識についてご紹介してみました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。