トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ハイビスカスの上手な育て方

2012年07月05日 07:30

 このページでは、ハイビスカスの上手な育て方についてご紹介しています。

ハイビスカス

 ハイビスカスは、南太平洋から中国南部、東インド周辺地域を原産とするアオイ科の植物で、大きく分けると低温に強く育てやすいヨーロッパ系と、低温が苦手なハワイアン系があります。

 ヨーロッパ系のハイビスカスは、赤やオレンジ、淡い黄色などの花色が主流で、ハワイアン系に比べると花のサイズがやや小ぶりで花数が多いこと、葉の切れ込みが深い品種が多いこと、低温に強く気温の低い地域でも育てやすいことが特徴です。

 一方、ハワイアン系のハイビスカスは、花のサイズが小さいものから大輪のものまで幅広く、その花色も赤、オレンジ、黄、茶褐色など多彩な反面、生育に時間がかかることや、気温の低い地域では温度管理が難しいなどの特徴があります。

 いずれの系統のハイビスカスを育てる場合でも、陽当たりと風通しの良い場所で管理すること、水を与えるときには鉢底から水が流れ出すまでたっぷりと与えること、開花中は肥料を切らさないことが、ハイビスカスを上手に育てるコツです。


ハイビスカスの上手な育て方
 ハイビスカスの育て方 … 上手に育てるポイント


 ハイビスカスは、十分な日照条件のもとで花芽が形成されますので、陽当たりの良い場所で管理しながら、肥料と水を切らさないように育てることが大切です。

 とくに生長期や、開花時期に水を切らすと蕾(つぼみ)が次々と落ちてしまうことがありますので注意が必要です。

 また、秋になって気温が下がり始めたら、早めに室内に取り込み、冬の間は10℃以下にならないような場所で管理してください。また、冬の間は、生育が止まりますので、水やりを控えるのもハイビスカスを上手に育てる大切なポイントです。


ハイビスカスの上手な育て方
 ハイビスカスの育て方 … 植え替え時期とコツ


 ハイビスカスは、春先から夏にかけて最も生育が旺盛になります。そのため、春先に購入した鉢植えのハイビスカスの場合、気温が上昇していくに連れて根の生育が活発になることもあって、根詰まりを起こしやすくなります。

 ハイビスカスが根詰まりを起こすと、せっかく付いている蕾が次々と落ちてしまったり、極端に生育が悪くなったりしますので、7月頃を目安にひとまわり大きな鉢に植え替えて、夏の生長期に備えておきましょう。

 植え替え用の土は、市販されている草花用の培養土か、自分で配合する場合は、赤玉土(小):腐葉土:バーミキュライト=6:3:1、もしくは、赤玉土(中):腐葉土=6:4の割合でを目安に、水はけの良い土を用意してください。

 植え替えの際には、古い鉢から土ごとハイビスカスの株を引き抜いて、古い土を半分ほど落とした後、根を半分ほどに切り詰め、株の消耗を防ぐために地上部の枝先も2から3節ほど切り詰めておきます。

 もし、根の状態がそれほど詰まっていないようなら、3分の1程度を切り落とすだけでもいいでしょう。

 新しい鉢に植え替えたら、鉢底から水が流れ出すまでたっぷりと与え、根が新しい土に馴染むまで、およそ1週間ほど明るい半日陰のような場所に置き、徐々に日向に移動してくださいね。


ハイビスカスの上手な育て方
 ハイビスカスの育て方 … 切り戻し


 ハイビスカスは、秋になって気温が下がり始めたら、室内に取り込み、伸びすぎた枝先を切り落とす”切り戻し”を行います。

 この時期に行うきり戻しは、脇芽の生長を促すことが目的ですので、長く伸びた枝の枝分かれをしている部分を何箇所か切り落とし、そこに脇芽が出来てくるようにします。

 もし、大株に育ったハイビスカスをコンパクトにするための強い剪定をかける時には、生育の旺盛な8月後半頃に行っておいてください。気温が下がり始めてから強い剪定を行うと、その影響を残したまま冬越しをすることになりますので、ご注意くださいね。


ハイビスカスの上手な育て方
 ハイビスカスの育て方 … 冬の管理


 切り戻しを終えたハイビスカスは、ゆっくりと脇芽が成長し株全体がこんもりとした形になった頃に、冬に入って生長が止まります。

 鉢植えのハイビスカスを室内に取り込むタイミングは、地域によっても多少違いますが、秋口になって気温が下がり始めた頃、遅くとも夜間の最低気温が10℃を下回る前までには必ず室内に移動しておいて下さい。

 また、室内に取り込む際には、鉢の外側を軽く水洗いしたあと、葉裏や茎にアブラムシなどの害虫がいないかを確かめておいてくださいね。とくにナメクジなどが鉢底に付いていたり、蟻が巣を作っていたりすることもありますので、スプレータイプの駆除剤を散布してから室内に取り込んだほうがいいでしょう。

 それから、ハイビスカスを室内で管理する場合、冬の間は最低でも10℃以下にならないような場所に置いて、落葉させないように注意してください。水やりも冬の間は、土の状態や葉のしおれ具合を見ながら、必要なときだけに限って与えるようにしてくださいね。


 今回は、ハイビスカスの上手な育て方についてご紹介しました。







スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ハイビスカスの蕾(つぼみ)が落ちる原因と対処法

2012年07月04日 03:02

 このページでは、ハイビスカスの蕾(つぼみ)が落ちる原因と対処法についてご紹介しています。


ハイビスカスの蕾(つぼみ)が落ちる原因と対処法
 鉢植えのハイビスカスの蕾(つぼみ)がぽろぽろと落ちてしまう原因には、主に、”鉢の根詰まり”、”日照不足と置き場所”、”水切れ”、”水の与えすぎ”が考えられます。


ハイビスカス
 ハイビスカスの蕾が落ちる原因 … 鉢の根詰まり


 一般に園芸店やホームセンターのガーデニングコーナーで売られている鉢植えのハイビスカスは、店頭に並べられているうちに根が伸びて、鉢の中がかなり窮屈な状態になっていることが多くあります。

 また、店頭で売られている時のハイビスカスの鉢は、例外もありますが、簡易的なものが多く、生産コストの関係もあってサイズが十分ではありません。そのため、根の生長が進むと、鉢いっぱいに根が回って”根詰まり”の状態になります。

 根詰まりを起こしたハイビスカスは、生育に必要な養分や水分を十分に吸収できなくなって、その結果、葉が落ちたり、蕾(つぼみ)が次々と落ちたりといったことが起こります。


 そこで、新しく購入したハイビスカスの鉢植えは、夏の生長期に備えて、ひとまわり大きな鉢に植え替えておくわけです。


 植え替えに使う用土は、一般的な草花栽培用の培養土でもかまいませんが、ハイビスカスは排水性の良い土を好みますので、できるだけ水はけの良いものがいいでしょう。

 自分で用土配合する場合は、土の排水性を考慮に入れて、赤玉土(小)、腐葉土、バーミキュライトをそれぞれ6:3:1、もしくは赤玉土(中)、腐葉土を6:4の割合で配合したものを用意してください。

 植え替えを終えたハイビスカスは、2日から3日ほど強い風の当たらない明るい半日陰に置いて、新しい鉢と土に馴染ませてから、陽当たりの良い場所に移動してくださいね。


ハイビスカス
 ハイビスカスの蕾が落ちる原因 … 日照不足と置き場所


 ハイビスカスは、もともと亜熱帯性の気候条件のもとで元気に育ち、次々と花を咲かせる植物です。そのため、やや乾燥した陽当たりの良い環境を好みます。そしてハイビスカスの蕾(花芽)も、十分な日照条件のもとで作られます。

 そこで、ハイビスカスの蕾(つぼみ)がぽろぽろと落ちてしまうようなら、ハイビスカスを置いている場所をもういちど見直して、できるだけ陽当たりの良い場所に移動してみましょう。

 ただし、ハイビスカスは多湿を嫌いますので、風通しの良い場所も考慮に入れて置き場所を選んでみてくださいね。

 ちなみに、沖縄や奄美大島で美しく咲き誇るハイビスカスをご覧になったことのある方も多いと思いますが、鉢植えでハイビスカスを元気に育てて花を咲かせるには、できるだけそういった環境に近づけてあげることが、上手に育てる大切なポイントです。


ハイビスカス
 ハイビスカスの蕾が落ちる原因 … 水の与えすぎと水不足


 ハイビスカスは、先にご紹介した陽当たりと風通しの良い環境に加えて、水はけの良い土で元気に育ち、花を咲かせます。

 そのため、鉢の土が古くなって団粒構造が壊れ、土の水はけが悪くなると根腐れを起こしたり、葉や蕾が落ちたりといったことが起こります。

 一般的には、買って間もない鉢植えの場合、土が極端に古くなっているとは考えにくいのですが、根詰まりの対策も兼ねて、夏の成長期に入る前にひとまわり大きな鉢に植え替えたあと、水やりの方法を見直してみましょう。

 ハイビスカスに水やりをするときには、土の表面が乾いていることを確かめた上で、鉢の底から水が流れ出すまでたっぷりと与えます。そして、再び土の表面が乾くまで水やりを控えるといったメリハリが大切です。

 たとえば数日間雨が続いた後などでは、戸外に置いた鉢植えの場合、土にはかなりの水分が含まれていますから、必ずしも毎日水を与える必要はありませんし、真夏の盛りでは、土の乾燥も早くなりますので、朝夕2回の水やりが必要になる場合も出てきます。土と相談しながら水やりのタイミングを決める。これが水やりの基本です。

 こうした水やりの基本から外れて、毎日必要以上の水を与えたり、ほんとうに必要なときに与えなかったりすると、蕾が落ちたりといった症状が現れてくるわけですね。

 ちなみに、植物の水やりには、主にふたつの大きな目的があります。

 そのひとつは、植物本体に水を供給すること。そしてふたつめは、土の中に溜まった老廃物や炭酸ガス(二酸化炭素)を水の流れによって、鉢の外に押し流し、新しい空気を送り込むこと。

 ハイビスカスに限ったことではありませんが、植物は太陽の光の他に、土に含まれる養分が溶け出した水と、土に含まれる酸素を吸収することで、生育に必要な栄養を得ています。と同時に、生育の過程で出来た老廃物や炭酸ガス(二酸化炭素)を根から土の中に排出しています。

 この老廃物や炭酸ガス(二酸化炭素)を鉢の外に押し流して、新しい空気を土に送り込み、肥料を土に溶け込みやすくするのも水やりの大切な目的です。


 ハイビスカスの蕾が落ちてしまうといったトラブルは、ほとんどの場合、”鉢の根詰まり”、”日照不足と置き場所”、”水切れ”、”水の与えすぎ”のいずれか、もしくはこのうちのいくつかが重なって起こります。その対処法も含めてご参考にしていただければと思います。


 今回は、ハイビスカスの蕾(つぼみ)が落ちる原因と対処法についてご紹介しました。








当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。