トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

リーガース(エラチオール)・ベゴニアの育て方

2013年04月28日 13:56

 このページでは、リーガース(エラチオール)・ベゴニアの育て方をご紹介しています。



 リーガース(エラチオール)・ベゴニアとは?

 リーガース・ベゴニアは、球根ベゴニアとベゴニア・ソコトラナとの交配によって生まれた球根ベゴニアの品種で、エラチオール・ベゴニアとも言います。

 リーガース・ベゴニアは、ドイツの育種家のオットー・リーガー氏が数多くの改良品種を生み出し、人気を博したことから、リーガース・ベゴニアと呼ばれるようになりました。



 球根ベゴニアとは?

 球根ベゴニアは、全世界で2000種以上もあるとされるベゴニアの中でも、その華やかさと、バラを思わせる美しい花、多彩な花色で高い人気があるものの、南アメリカの熱帯高地原産ということもあって、日本の高温多湿の夏にとても弱く、日本では育て方の難しい植物のひとつとなっています。



 リーガース(エラチオール)・ベゴニアの育て方のポイント

 リーガース・ベゴニアの開花中は、咲き終わった花がらや枯れた葉が健全な葉に落ちないように、こまめに取り除き、水の与えすぎに注意しましょう。

 リーガース・ベゴニアは、花を咲かせるために多くの養分を必要とします。開花中は草花用の液体肥料を1ヶ月に3回を目安に与えておきましょう。

 またリーガース・ベゴニアは短日条件下では休眠してしまいますので、昼間はレースのカーテン越しのような柔らかな光のあたる場所、夜間はおよそ4時間くらい照明のある部屋に置いて、10℃以下にならないよう注意しながら管理しましょう。



 リーガース(エラチオール)・ベゴニアの水やり

 リーガース・ベゴニアは、その体や葉にたくさんの水分を蓄えていますので、比較的土の乾燥には強い植物です。とはいえ、何度も水切れの状態が続くと花が落ちたり、枯れたりするのは他の植物と同じです。

 ただし水のやりすぎは禁物です。リーガース・ベゴニアは、水を与えすぎるとあっけないくらい簡単に株が腐ってしまいます。

 普段から土の乾き具合を見て、土の表面が乾いてきたなと感じたら、鉢の底から水が流れ出るまでたっぷりと水を与えてください。そして、再び土の表面が乾くまで水やりを控える。このメリハリが大切です。

 それから、水を与えるときは、花や葉に水をかけてしまわないように注意してください。水を与えるときは、葉をかきわけて直接土に水を差すようにします。花や葉に直接水をかけるのも、リーガース・ベゴニアを腐らせてしまう原因になります。



 リーガース(エラチオール)・ベゴニアの切り戻しの時期

 リーガース・ベゴニアは、花を咲かせる時期によってきり戻しの時期が変わります。たとえば、春先に開花させたいときは、その前の年の冬の初め頃に切り戻します。もし、秋に開花させる場合は、その年の4月~5月頃を目処に切り戻しておきましょう。



 リーガース(エラチオール)・ベゴニアの切り戻し方法と用土

 切り戻しは、いずれの場合でも、花が終わったリーガース・ベゴニアの株元から4節目、もしくはわき芽の出ている節の上を切り落とします。秋に開花させる切り戻しの場合は、切り戻しと同時にひとまわり大きな鉢に植え替えておきます。

 ひとまわり大きな鉢に植え替えるときには、市販の草花用培養土に効果がゆっくりと現われる緩効性肥料を土1リットルに対しておよそ3g加えたものを使います。

 自分で土を配合する場合は、赤玉土(小):腐葉土:バーミキュライト=6:3:1の割合で土作りをして、そこに効果がゆっくりと現われる緩効性肥料を土1リットルに対しておよそ3g加えます。

 その後新しい芽が伸びて、およそ10cmくらいにまで伸びた頃から、わき芽を出させるために摘心を数回繰り返して、イメージどおりの株に仕立てていきましょう。



 今回は、リーガース(エラチオール)・ベゴニアの育て方をご紹介しました。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ベゴニア(センパフローレンス)の育て方

2013年04月27日 03:22

 このページでは、ベゴニアセンパフローレンスの育て方をご紹介しています。


ベゴニアセンパフローレンス
ベゴニアセンパフローレンスの特徴


 ベゴニアセンパフローレンスは、ブラジル原産のシュウカイドウ科の草花で、夏の暑さや雨にも強く、とても育てやすく丈夫で、光と温度の条件さえ揃えば一年中いつでも花を咲かせます。ベゴニアセンパフローレンスは、そんな特徴から、別名四季咲きベゴニアとも呼ばれています。

 ベゴニアセンパフローレンスは、種から育てるのはやや難しくコツがいりますが、苗から育てるのはとても簡単ですので、たくさん育てたいときには、気に入った苗を選んで挿し芽で増やしてみましょう。



ベゴニアセンパフローレンスの挿し芽で増やすコツ


 ベゴニアセンパフローレンスは、挿し芽で簡単に増やすことができます。ただし、上手に増やすにはちょっとしたコツが必要です。


 ベゴニアセンパフローレンスは、茎の節目から芽を出して開花しますが、花を咲かせた脇芽から上にできた芽はすべて花芽になるという性質があります。

 そのため、挿し芽で増やすときには、花の咲いていない茎を切り取ってその下のほうを挿し芽用の挿し穂として使います。

 もし、花の咲いた茎を挿し穂に使った場合、そこにできた新芽はすべて花芽となって、新しい茎を作らない株になってしまいますのでご注意くださいね。


 花の咲いていない茎を使って挿し穂を取ったら、その茎を、節目の数で4つくらいになるように切り分けます。

 挿し穂を取るとき、切り分けるときには、できるだけ切れ味の良い刃物を使ってくださいね。切れ味の良くない刃物で挿し穂を取ると、水や養分の通り道となる導管が潰れてうまく育たないこともありますのでご注意ください。

 もし作った挿し穂に大きな葉がついているようなら、半分に切っておくのも良い方法です。葉を半分に切ることで、根が出るまでの間、挿し穂の水の消費量を抑えておくことができます。


 挿し穂を切り分けたら、バーミキュライトのみを使った単用土を用意して、そこに節が2つ分くらい隠れるまでしっかりと埋め込みます。

 挿し芽をしたベゴニアセンパフローレンスは、できるだけ明るく風の当たらない場所を選んで乾燥させないように注意しながら管理してください。

 もし水切れの心配があるようなら半日陰のような場所でもかまいませんが、用土の水分が保てるようなら、できるだけ明るい場所のほうが光合成も活発になって早く根が出るようになります。



ベゴニアセンパフローレンスの切り戻しとタイミング


 ベゴニアセンパフローレンスを上手に育てて、長く楽しむには、タイミングの良い切り戻しが大切です。

 切り戻しの時期としては、およそ7月頃を目安に、株の根元から15cmほどを残して思い切って切り戻します。その際に、市販の草花用の化成肥料を与えておきましょう。

 切り戻しを終えたベゴニアセンパフローレンスの株は、およそ2週間後くらいで新しい芽が動き始め、9月頃には、また満開の状態になります。


ベゴニアセンパフローレンス
ベゴニアセンパフローレンスの肥料と与え方


 ベゴニアセンパフローレンスに与える肥料は、基本的にチッソ、リン酸、カリ等量を基準とした化成肥料を1ヶ月に1回のペースで与えます。もちろん市販の草花用化成肥料で大丈夫です。

 ただし、雨の多い梅雨の期間はカリを多めに与えると生育が安定します。カリは、肥料の三要素のひとつで、チッソやリン酸のように、直接植物の体を作る働きはありませんが、生育が順調に行われるようにいろんな調節を行う大切な働きがあります。

 とくに雨の日が続いて日照量の少なくなる梅雨時は、いかに丈夫なベゴニアセンパフローレンスといっても、バランスを崩しやすい時期ですので、カリ成分をすこし増やすと効果的です。



ベゴニアセンパフローレンスの病害虫対策


 ベゴニアセンパフローレンスは、とても丈夫で育てやすい草花ですが、雨の多い梅雨時とその前後などにうどん粉病が発生しやすくなります。

 もしうどん粉病が発生したら、薬剤で対処するよりも、うどん粉病の発生している個所を思い切って刈り込んで除去してしまいましょう。

 うどん粉病の予防には、高温乾燥時期にカビに効果のあるダニコールやベンレートなどの薬剤を希釈して使うか、市販のスプレータイプの薬剤を散布しておきましょう。


 今回は、ベゴニアセンパフローレンスの育て方をご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミング

2013年04月26日 12:55

 このページでは、カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミングについてご紹介しています。


 カイガラムシ(介殻虫)とは?


 カイガラムシ(介殻虫)は、植物葉や茎、果実に寄生して汁液を吸う吸汁性害虫のひとつで、ランの仲間や花木、果樹など広範囲な植物に寄生します。

 カイガラムシ(介殻虫)は、わかっているだけでもおよそ400種、実際にはその数の倍以上はいるとされ、そのほとんどは体長2~3mmととても小さく、貝殻のような殻を被っているもの、体表が綿状のろう(蝋)物質で覆われているもの(ロウムシ類)、体表に粉を吹いたような物質をつけたもの(コナカイガラムシ類)などがあり、それぞれに姿形や習性が違います。

 カイガラムシ(介殻虫)は、園芸的には、花木や果樹の汁液を吸い、その生育を衰えさせたり、すす病やこうやく病の遠因となったりすることから駆除すべき害虫として扱われている一方で、その体を覆っている特殊なロウ(蝋)物質や、体内に蓄積される色素などが貴重な資源となっているという一面も持っています。


 カイガラムシの被害


 すでにご紹介したように、カイガラムシ(介殻虫)は、ランや花木、果樹など広範囲の植物の葉や茎、果実に寄生してその汁液を吸い、寄生した植物の生育を妨げる害虫です。このような害虫をとくに吸汁性害虫ともいいます。

 カイガラムシ(介殻虫)そのものを見つけることができなくても、多くの場合カイガラムシ(介殻虫)に寄生されたたかどうかは葉の表面の変化を見ればわかります。

 カイガラムシ(介殻虫)に寄生された植物の葉は、その表面に特徴的な光沢のある粘液が付着したような症状が現れます。これは、カイガラムシ(介殻虫)をはじめとした吸汁性害虫に寄生されていることを知る有力な手がかりになります。

 カイガラムシ(介殻虫)に寄生された植物は、次第に生育が衰え、新しい芽が出にくくなったり、枝や葉の生育が鈍くなったりといった症状が現れ、そのまま症状が進めばほとんど立ち枯れのような状態になって枯死することもあります。

 また、植物の葉や茎、枝に蓄積されたカイガラムシ(介殻虫)の排泄物は、すす病やこうやく病といった草木の病気の温床となり、その結果光合成が妨げられ植物を弱らせ枯死する原因ともなります。

 こうしたカイガラムシ(介殻虫)が寄生したことによって引き起こされる被害は、植物の生育に関わるものばかりではありません。

 とくに観賞用の植物がカイガラムシ(介殻虫)に寄生されると、先ほどご紹介した葉の表面に現れる光沢のある粘液が付着したような症状も含めて、とても見苦しい状態になります。


 カイガラムシの駆除方法と効果的な薬剤


 カイガラムシ(介殻虫)は、寄生されていることに気づいてから駆除するのがとても難しい害虫のひとつで、気がついたときには大量に寄生されて手がつけられないということも珍しいことではありません。

 その主な理由として、カイガラムシ(介殻虫)の体が貝殻のようなロウ(蝋)物質で覆われていて、薬剤がカイガラムシ(介殻虫)の体内に届きにくいこと、カイガラムシの種類によって薬剤の効果の差が大きいということが挙げられます。

 ただし、カイガラムシ(介殻虫)にも弱点があります。それは、成虫になる前の抵抗力の弱いふ化直後は、薬剤が効果的に作用するということ。

 卵からふ化した直後のカイガラムシ(介殻虫)の幼虫は、薬剤に対してまったくといっていいほど抵抗力がなく、アクテリック乳剤、オルトラン乳剤、スミチオン乳剤などの薬剤が効果を発揮します。


 薬剤散布のタイミング


 薬剤散布によるカイガラムシ(介殻虫)の効果的な駆除を考えるうえで問題になるのは、カイガラムシ(介殻虫)のふ化のタイミングがいつなのかということです。数多くの種類があるカイガラムシ(介殻虫)のふ化にタイミングを合わせて薬剤を散布しなければ、ほとんど効果が期待できません。

 一般的には、およそ5月~7月にかけて多くのカイガラムシ(介殻虫)の仲間がふ化のタイミングを迎えます。そのため、この時期に、カイガラムシ(介殻虫)の寄生が確認できていてもいなくても、月2~3回程度の割合で薬剤の散布を行うことが、カイガラムシ(介殻虫)の予防と駆除につながります。

 この際の薬剤の散布には、希釈の必要があるアクテリック乳剤、オルトラン乳剤、スミチオン乳剤だけでなく、スプレータイプのものでも効果的です。


 もうひとつのカイガラムシの駆除方法


 また、カイガラムシ(介殻虫)の駆除の方法のひとつとして、手作業でひとつひとつ取り除くという方法もあります。

 育てている植物の大きさや数によっては非常に手間のかかる作業になりますが、鉢植えなどの小さなものであれば、ブラシなどを使ってこすり落とすのが一番有効な手段になります。


 今回は、カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミングについてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

マーガレットの育て方

2013年04月22日 04:32

 このページでは、マーガレットの育て方をご紹介しています。

マーガレット
 マーガレットの育て方のポイント


 マーガレットは暑さに弱い

 マーガレットは丈夫で育てやすい植物ですが、もっとも生育に適した温度帯(生育適温)が10℃~20℃ということもあって、夏の高温多湿がとても苦手です。

 植物は気温の上昇に伴って光合成が活発になり、生育も盛んになりますが、生育適温を越えて気温が上昇すると、今度は呼吸が活発になり、蓄えた栄養分を消耗して生育が衰えます。

 マーガレットを上手に育てるには、強い日差しを遮るための日除けや、鉢植えであれば、日陰や風通しの良い場所への移動など、夏の暑さ対策が大切なポイントになります。


 マーガレットは寒さに弱い

 マーガレットは、もともとカナリア諸島原産ということもあって、冬の寒さも苦手です。そのため、冬には霜の降りにくい南向きの場所への移動や室内への取り込み、霜よけの設置といった対策が必要になります。

 こうしたことを考えれば、寒冷地でマーガレットを育てる場合は、できるだけ鉢植えやプランターといった、移動できる方法を選んだほうが育てやすいともいえます。


 終わった花枝は早めに切り戻す

 マーガレットは、花が咲き終わった枝を、できるだけ早めに切り戻すようにすると長く花を楽しむことができるようになります。

 その際に、葉や枝を作り開花を促す働きをもつリン酸を多く含む即効性の液肥を2週間に一度のペースで施すと効果的です。

マーガレット
 マーガレットを挿し芽で増やす方法


 挿し芽とは?

 植物を増やす方法には、種まき以外にも、株分け、挿し木(挿し芽)、取り木、接ぎ木など様々な方法があります。こうした種まき以外の増やし方は、植物の体の一部(栄養体)を使うことから栄養繁殖とも言います。

 種子を作らないマーガレットは、挿し芽でかんたんに増やすことができます。挿し芽などを使った栄養繁殖は、親株と同じ性質の株を、早く簡単に作ることができるというメリットがあります。


 挿し穂の作り方

 マーガレットを挿し芽で増やすには、まず9月の下旬頃を目安に、花の咲いた親株の枝の節のすぐ上あたりを切り戻し、新芽の成長を促します。

 その後およそ10月の下旬頃になると、伸びた新芽が新しい枝となって再び切り戻すことができるようになりますので、ここでもう一度切り戻し、切り取った枝の先端およそ10cmを挿し芽用の挿し穂に使います。


 挿し穂の植え方と定植(鉢上げ)の方法

 挿し穂は、下葉を2枚切り落とし、およそ1時間ほど切り口を水につけて水を吸わせます。これを水あげといいます。

 水あげを済ませた挿し穂は、バーミキュライトもしくは赤玉土だけを使った単用土に挿し、水を切らさないように注意しながら半日陰のような場所に置いて根が出るのを待ちます。

 正常に発根が始まれば、およそ3週間目くらいで定植(鉢上げ)ができるようになりますので、3号鉢(上端の直径がおよそ9センチの鉢)に1本を目安に定植(鉢上げ)します。

 定植(鉢上げ)の際の用土は、市販の草花用培養土、もしくは赤玉土(小):腐葉土:バーミキュライト=6:3:1の割合を目安に配合した土を使います。


 マーガレットの摘心


 定植(鉢上げ)の後、苗がおよそ15cmくらいにまで生長したら1回目の摘心を行います。

 摘心は、親株の先端(頂芽、生長点ともいいます)を摘み取って背丈が伸びるのを止め、わき芽を増やすために行う作業で、わき目が増えることによって花の数も多くなりますので必ずやっておいてくださいね。


 今回は、マーガレットの育て方をご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ペチュニアの育て方

2013年04月21日 12:19

 このページでは、ペチュニアのやさしい育て方をご紹介しています。

ペチュニア
 ペチュニアの育て方のポイント


 ペチュニアは、日当たりの良い場所、風通しの良い場所を好む植物ですので、初夏の6月頃から秋口の10月頃までの開花期間中は、できるだけ日当たりと風通しの良い場所に置いてあげてください。

 ペチュニアの花を長く美しく楽しむには、なによりも、光のよく当たる風通しの良い環境に置くことが、いちばんのポイントです。

 ペチュニアの開花中に、開花を促すリン酸を多く含む即効性の液肥をタイミングよく与えると、切れ目なく次々と花が咲くようになります。

 また花がらや枯れた葉が新しい葉に落ちたり、雨に当てたりするとペチュニアに多く発生する灰色カビ病の原因になります。咲き終わった花がらや枯れた葉をこまめに摘み取り、雨に当てないこともペチュニアを長く楽しむ大切なポイントです。


 ペチュニアの種まき


 ペチュニアの発芽適温は、およそ20℃から25℃で、時期としては3月から5月の終わり頃までが種まきに適しています。

 ペチュニアの種は、発芽に光を必要とする好光性種子ですので、水を含ませたピートモス(ピートバン)に種をばら蒔きしたあと、覆土をせずに、暖かい窓辺などの場所に置いて発芽を待ちます。

 地域やその年の気温によっても違いがありますが、もし6月初め頃から花を楽しみたいときには、少なくとも3月中には種まきを済ませておきましょう。


 ペチュニアの移植と鉢上げ


 ペチュニアの種が発芽して子葉が出たら、元気な苗を選んでジフィーセブンに移植します。たくさん育てたい場合は、平箱かプランターに赤玉土(小):腐葉土=1:1の割合で配合した土、もしくは草花用培養土に、およそ5ミリ間隔で移植します。

 ジフィーセブンに移植したペチュニアの根が見え始めた頃、平箱やプランターに移植した場合は、苗の葉と葉が互いに触れ合うようになった頃が鉢上げ(定植)のタイミングです。


 このタイミングが早すぎると植え痛みが起きて苗がだめになったり、逆に遅すぎると苗どうしの根が絡んでしまったりしますので注意してくださいね。


 ペチュニアの鉢上げ(定植)は、3号鉢(鉢の上端の直径がおよそ9センチの鉢)に市販の草花用培養土と、効き目がゆっくりと現われる緩効性肥料を入れて、そこにペチュニアの苗を植え付ければ完了です。

 もし、自分で鉢上げ(定植)用の土を配合する場合は、赤玉土(小):腐葉土:バーミキュライト=6:3:1を目安に土作りをしておいてください。


 ペチュニアの摘心


 鉢上げ(定植)したペチュニアが生長して、本葉が10枚くらいになったら摘心のタイミングです。摘心は、生育中の草花の先端(頂芽、生長点とも言います)を取り除いて、背丈が伸びるのを止め、脇芽の成長を促す大切な作業です。

 摘心を行うと脇芽が活発に動き始めて、枝葉が増えてきます。あとは生長に応じて摘心を繰り返していけば、こんもりとしたボリューム感のあるペチュニア株になっていきます。


 ペチュニアを挿し芽で増やすには


 ペチュニアは挿し芽で増やすことができます。方法もとても簡単ですので、ぜひ試してみてください。

 ペチュニアを挿し芽で増やすには、まず、切り取った枝の中から、元気の良いものを選んで10センチほどの挿し穂を作り、下葉を2枚ほど落とします。

 水を入れた器に、切り口を下にした挿し穂を挿し、およそ2時間から3時間そのままにして水を吸わせます。これを水あげといいます。

 この間に、赤玉土(小)か川砂、もしくはバーミキュライトだけを使った単用土を用意して、そこに水あげを済ませた挿し穂を、葉と葉が触れ合うくらいの間隔で挿し、半日陰のような場所に置いておきます。

 この間、土を乾燥させると挿し穂がだめになってしまいますので、水切れにはくれぐれも気をつけてくださいね。

 およそ1週間くらいで、ペチュニアの挿し穂から発根が始まりますので、3週間目を目安に鉢上げ(定植)の時と同じ手順で植え付ければ完了です。


 今回は、ペチュニアのやさしい育て方をご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ヤマアジサイ(山紫陽花)の育て方

2013年04月19日 06:06

 このページでは、ヤマアジサイ(山紫陽花)の育て方についてご紹介しています。


ヤマアジサイ(山紫陽花)とは?

 ヤマアジサイ(山紫陽花)は、半日陰の林や沢沿いに自生する○○科○○属の落葉低木で、生育している場所の多くが沢沿いであることからサワアジサイ(沢紫陽花)とも呼ばれます。

 ヤマアジサイの分布する地域は、福島県を北限とした本州・四国・九州一帯で、樹高は大きなものでもおよそ2メートル前後。”清澄”や”七段花”などの園芸品種があり、鉢植え庭植えのどちらでも比較的容易に育てることができます。

 ヤマアジサイの花色には、淡い薄紅色や白、紫や青などがあり、5月から6月頃、標高の高い山あいでは7月頃に花期を迎えます。

 エゾアジサイなどの例外品種もありますが、ほとんどのヤマアジサイの花は、一般的なガクアジサイよりも小さく、清楚で野趣に富んだ趣があります。


ヤマアジサイ(山紫陽花)の鉢の置き場所

 ヤマアジサイ(山紫陽花)を上手に育てて、趣のある花を咲かせるには、自生種が生育している環境を知り、できるだけそれに近い条件を用意することが重要です。

 ヤマアジサイは、別名サワアジサイ(沢紫陽花)とも呼ばれているように、山間の沢周辺の、やや湿り気のある、明るい半日陰を好みます。

 そのため、ヤマアジサイを鉢植えで育てる場合も、午前中は朝の光がやわらかく降り注ぐ場所、午後には明るい半日陰になるような場所が、置き場所としてもっともふさわしいといえます。


ヤマアジサイ(山紫陽花)の植え付け


 ヤマアジサイ(山紫陽花)は、新芽が動き始める3月~4月頃に植え付けを行います。植付け用の用土は、市販の園芸用培養土か、自分で配合する場合は赤玉土:腐葉土=3:1を基本に土作りを行い、株の大きさに合わせて、3号鉢~5号鉢に植え付けます。


ヤマアジサイ(山紫陽花)の植え替え

 ヤマアジサイ(山紫陽花)は、地域によっても違いますが、花期が終わった6月から7月頃を目安に植え替えを行います。植え替えのサイクルは、育てている鉢の大きさによって変わってきます。

 目安として、3号鉢は2年に一度、それよりちいさな鉢で育てている小鉢ものは毎年植え替えを行います。5号鉢以上は3年ごとに植え替えを行います。

 一般に植え替えの際には、ひとまわり大きな鉢に植え付けるのが基本ですが、そのままの大きさの株で育てたいときには、花後の剪定を行った後、鉢から抜いて、鉢土の3分の1~4分の1を目安に根を切り、同じ大きさの鉢に植え付けます。


ヤマアジサイ(山紫陽花)の用土

 ヤマアジサイ(山紫陽花)の用土は、植付け、植え替えともに赤玉土:腐葉土=3:1を基本に、堆肥を加えたものを用意します。

 ちなみにアジサイの花色は、土の酸性度によって変わります。酸性傾向の土では青系統の花色に、中性からアルカリ傾向の土では赤系統の花色になります。

 そのため、青い花色の品種は、赤玉土:腐葉土=3:1を基本に、ピートモスとバーミキュライトを加えた酸性傾向の土を使うと青色が鮮やかになります。

 同じ理由で、赤い花色の品種は、赤玉土:腐葉土=3:1を基本に、バーミキュライトのみを加えたアルカリ傾向の土で花色が鮮やかになります。

 もちろん、この配合例が絶対ではありません。いろいろ試してみてください。


ヤマアジサイ(山紫陽花)の肥料と与え方

ヤマアジサイに肥料を施すタイミングは、花期が終わった後のお礼肥と 冬になって葉が落ちてから与える寒肥の2回が基本です。

 ヤマアジサイの用土のところでもお話しましたが、アジサイは土の酸性度によって花色の発色が変わります。そこで、与える肥料も、育てている品種の花色に合わせて、種類を変えてみるのもいいでしょう。

 たとえば、青い色の花色であれば、油かすのみの完熟発酵肥料、赤系統の花色であれば、油かすに骨粉や鶏糞を合わせた完熟発酵肥料を使います。


ヤマアジサイ(山紫陽花)水やり

 ヤマアジサイ(山紫陽花)は、もともと水気のある林や広葉樹林などに自生していることもあって、水切れにとても敏感なところがあります。

 長期間水切れや乾燥した状態が続くと、花つきにも影響が現れます。

 鉢植えで育てている場合、どうしても乾燥しやすくなりますので、気温が高くなる夏は朝と夕方の2回、気候が穏やかになる春と秋は1日~2日に一回程度のペースで水やりを行います。冬は土の状態を見て、乾燥しているようであれば水を与えます。

 いずれの場合も、水を与えるときには、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えておきましょう。



 山あじさいは、ガクアジサイとはまた違った清楚で趣のあるアジサイです。品種や育てる環境によって花の咲き方も花の色も微妙に違ってきます。

 いろいろ試して、美しい花を咲かせてくださいね。


 今回は、ヤマアジサイ(山紫陽花)の育て方についてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

朝顔(アサガオ)の発芽 … 朝顔の芽が出ない原因

2013年04月16日 12:59

 このページでは、朝顔(アサガオ)の発芽 … 朝顔の芽が出ない原因についてご紹介しています。

アサガオ(朝顔)

 せっかく種を蒔いた朝顔がいつまで経っても芽が出ないのはとても心配なものです。品種によっても違いますが、朝顔の種は、早ければ4~5日、遅い品種でも2週間くらいで芽が出揃います。


 朝顔の種と発芽率

 園芸店などで朝顔の種を買うと、そのパッケージには発芽率○○%という数字が書かれています。発芽率はその種を一定の条件下で蒔いた場合、蒔いた種のうちどのくらいが発芽するのかを数字で表したものです。

 朝顔の場合品種にもよりますが、70%以上といった数字が示されています。この数字はほかの植物に比べてもかなり高い数字です。個人的には、朝顔の種の発芽率は90%以上と感じていますが、いずれにしても、朝顔の種は条件さえ揃えばそのほんどがちゃんと発芽するということです。

 でも、いくら待っても発芽しない、芽が出ない。そんなこともあります。その主な原因をいくつか挙げてみましたので、参考にしていただければと思います。


 朝顔の芽が出ない原因 … 発芽処理(硬実処理)を行わなかった。

 朝顔の種は、表皮が厚く、そのままでは発芽しにくい硬実種子というグループに入ります。そのため、朝顔の種を蒔く前に、種に小さな傷をつけて表皮を削り発芽しやすい状態にします。これを硬実処理、もしくは芽切りといいます。そのあと種を一晩水に浸して吸水させてから種を蒔きます。

 種に水を吸わせる吸水処理は、硬実処理をきちんと行って、種まきの後の水やりがちゃんとできるというのであれば、必ずしも必要ではありません。水やりに不安があるようなら、やっておいたほうがいいでしょう。

 こうした発芽を促す処理をきちんと行っていないと、発芽が遅れたり発芽しなかったりといったことが起こります。

 ちなみに、園芸店などで購入した朝顔の種は、そのほとんどが発芽処理を済ませた状態で出荷されていますので、あらためて発芽処理を行う必要はありません。


 朝顔の芽が出ない原因 … 種まき時期が早すぎた・気温が低い。

 朝顔はもともと亜熱帯を中心とした地域を原産とする植物ですので、正常に発芽するには、気温およそ20℃~25℃の日が安定して続くことが必要になります。

 種まき時期の目安としては、地域にもよりますが、5月の連休前後が一般的です。種を蒔いた時期がそれよりも早かったり、20℃以上の気温が維持できていない場合、芽が出にくくなります。

 朝顔の芽が出ない原因 … 水を与えすぎた。

 朝顔の種が正常に発芽するためには、温度、水、そして酸素が必要です。種とはいえ生き物ですから、呼吸できなければ死んでしまいます。多すぎる水分は、朝顔の種への酸素の供給の妨げとなり、その結果発芽が遅れたり、発芽しなかったりといったことが起こります。

 また、種が水浸しになっているような状態が続くと腐ってしまいますので、水の与えすぎにはくれぐれも注意が必要です。

 朝顔の芽が出ない原因 … 水を与えなかった。

 朝顔の種に水を与えすぎるのも問題ですが、土が乾燥するほど水を与えないのも発芽しない原因になります。

 朝顔の種を蒔くときは、直播する場合も含めて、種まきする1~2日前に用土の準備をします。このとき用土にたっぷりの水を与え、10分程待って水はけの状態を見ます。

 もし、10分以上経っても用土に水たまりがあるようなら、その土は水はけが極端に悪く、朝顔の種まきに適していないといえます。水はけのよい用土に入れ替え、水を含ませてから種を蒔きます。

 また、発芽が始まった後でも、土を乾燥させてしまうと、発芽を始めた芽が土の中で枯れてしまいますので、1日1回は土の状態を観察して、土が乾燥する前に水やりをします。


 朝顔の芽が出ない原因 … 肥料を与えた。

 朝顔の種にかぎったことではありませんが、植物の種を蒔くときは発芽のための肥料は必要ありません。なぜなら、発芽に必要な養分は、その種の中にちゃんと蓄えられているから。

 そこにたとえば即効性の液体肥料などを与えると、肥料成分が災いして発芽しなかったり、種が腐ったりといったことが起こります。

 ただ、即効性の液体肥料は、土の中に滞留する期間がとても短いので、何度か水やりをするうちに流れ出ていきます。一概には言えませんが、肥料の抜けが早ければ、蒔いた種の何割かが遅れて発芽することもあります。

 ちなみに、芽が出たあとの成長に必要な養分は土から得ることになりますので、直播きする場合は、あらかじめ土に肥料を混ぜておくことも必要になります。ただし、この場合に土に混ぜる肥料は、ゆっくりと効果が現れる緩効性肥料を使ってください。

 朝顔の芽が出ない原因 … 蒔いた種が古かった。

 どのような植物の種も、種を採取してから蒔くまでの期間と保存状態の良し悪しが発芽率に大きく影響します。それは自分で採取した種でも、市販の種でも同じです。

 種を採取してから何年も経過している古い種や、直射日光の当たる店先に長く置きっぱなしになっているような保存状態のよくない種は、それだけで発芽しにくくなります。

 朝顔の芽が出ない原因 … 鳥に食べられた。

 種まきをした後の土に、掘り返したような跡があったり、土の中にあるはずの種が見つからないといった場合は、鳥などに持っていかれた可能性があります。

 種が無ければいくら待っても芽が出ることはありませんから、もう一度種まきをします。その際に、種まきをした土をネットなどで覆って、再び持っていかれることのないようにしておいてくださいね。


 今回は、朝顔(アサガオ)の発芽 … 朝顔の芽が出ない原因についてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

朝顔の育て方 … 朝顔の種まきの方法とコツ

2013年04月02日 11:34

 このページでは、朝顔の育て方 … 朝顔の種まきの方法とコツについてご紹介しています。


朝顔(アサガオ)

 そのまま種まきができる朝顔の種と下処理が必要な朝顔の種


 朝顔の種は、品種にもよりますがおよそ1cmほどの大粒で、自分で採取した種や、人から分けてもらった種などをまくときには、後でご紹介する種にちいさな傷をつける硬実処理(芽切り)や、一晩水につけておく吸水処理などの下処理が必要になります。

 市販の種であれば、ほとんどの場合そのまま種まきができます。そのまま種まきができるどうかは、パッケージに書いてありますので確認しておいてください。(発芽処理済といった説明書きがあれば、そのまま種まきができます)


 朝顔の種まきに適した時期


 朝顔は夏至の頃を境に花芽を作る性質がありますので、大きく育てたいなら5月上旬以降に種をまき、小さく育てたいなら種まきの時期をもうすこし遅らせます。

 市販の種を買ってきた場合は、パッケージに種まきの時期がわかりやすく書かれていますので、基本的にはその説明に従って種をまいてください。

 朝顔の種のパッケージには、ほとんどの場合、朝顔の発芽適温が20℃~25℃であること、暖かい地域でも5月に入ってから種をまくことなどが書かれています。経験から言えば、朝顔は気温25℃の環境で短期間に一気に発芽させたほうが、より元気に育ちます。

 逆に発芽に必要な適温以下の環境で種をまくと、発芽に時間がかかりすぎて、種が腐ったり、発芽しても軟弱な苗になったりしますので、気をつけてくださいね。目安としては、地域にもよりますが、ゴールデンウィーク以降からと考えていただければ大丈夫です。

 ちいさくコンパクトな朝顔に育てたいときには、種まきの時期を6月中旬頃まで遅らせます。ただし朝顔の花を楽しむ期間を考えると、7月頃までが限界と考えたほうがいいでしょう。


 朝顔の種まきのポイントとコツ


 朝顔の完熟した種は皮が厚く、そのままでは吸水しにくいため、かみそりなどで種に傷をつけて水を吸いやすくします。ポイントは茶褐色の表皮をほんのすこし削り取って、その下の白い部分が見えるようにすること。ここが上手に発芽させるコツです。これを”硬実処理”、もしくは”芽切り”といいます。ただし、削りすぎには注意してくださいね。

 もしかみそりが使いにくいようなら、爪切りについているヤスリを使ってみてください。かみそりよりも安全確実に硬実処理ができます。

 市販の種を買ってきて種まきをする場合は、硬実処理は必要ありません。硬実処理が必要かそうでないかは、種のパッケージに”発芽処理済み”などの説明書きがあるかどうかで判断してください。

 硬実処理を施した種は、ひと晩水に浸けて吸水させてからまきます。これを吸水処理といいます。このとき、水に沈む種が、より充実した種です。水に浮いた種は、発芽しないというわけではありませんが、十分な数の種が用意できるのであれば、取り除いておいたほうがいいでしょう。

 ちなみに、経験から言えば、種まき用の用土にしっかりと水を含ませて、種まき後の水やりを適切に行えば、必ずしも吸水処理はしなくても大丈夫です。どちらか迷うようなら、やっておいたほうが安心ですけれどね。


 朝顔の種のまき方


 朝顔は、植木鉢やプランター、花壇に直接種をまく”直(じか)まき”もできますが、よりしっかりとした苗を育てたいなら、ポリポットやジフィーポット(ジフィーセブン)などで発芽させ、その中から元気なものを選んで定植する方法がいいでしょう。

 朝顔の種を直まきする場合は、あらかじめ市販の培養土か、赤玉土(小):腐葉土:籾殻薫痰(もみがらくんたん)=5:4:1の割合で配合した土を3号鉢に入れ、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水を与えて馴染ませておきます。

 この時、土に水を与えてから、しばらく経っても鉢に水がたまっているようなら、土の水はけ(排水性)に問題があります。水はけの悪い土は、朝顔の生育に障害が出ますので、水はけの良い土に入れ替えておいてくださいね。

 朝顔の土が用意できたら、いよいよ種まきです。用意した土に約1cm~2cmの穴を空けて1鉢に1粒ずつまきます。種の向きは、丸いほうが上です。このとき種を45度に傾けて土にまくと、種の皮が芽に覆いかぶさってしまう”皮かむり”を防ぐことができます。

 種をまいたら、その上に土をかぶせて、手のひらで軽く土を叩いておきます。これは、種と土とを密着させて、種が水を吸いやすくするのが目的ですので、必ずやっておいてくださいね。

 直まきしてから、元気の良い苗を選んで育てたい場合は、同様の方法で1鉢に3~5粒種をまき、発芽してから元気な苗をひとつだけ残して、他の苗は抜き取ってください。

 プランターや花壇なら、同様の方法で、4~5cmほど間隔を空けて種をまきます。

 種まきを終えたら、もういちどたっぷりと水を与えます。このとき、水の勢いで種が土から飛び出したり、種の向きが変わってしまったりしないように、そっと水をあげてくださいね。


  朝顔の種をまいた後の水やりとポイント


 朝顔の種をまいたら、発芽するまで1日おきに1回のペースの水やりが基本です。ただし、水を与えすぎないことが大切なポイントです。水を与えすぎると種が腐ったりすることもありますので、土の乾き具合を見て判断してください。発芽に適した気温の環境下であれば、およそ1週間ほどで芽が出てきますよ。


 すてきな朝顔の花、咲かせてくださいね。それではまた。


 今回は、朝顔の育て方 … 朝顔の種まきの方法とコツについてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。