トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方

2014年09月20日 12:52

 このページでは、クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方をご紹介しています。

クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方

 クリサンセマム・パルドサムは、ヨーロッパ・地中沿岸・北アフリカ周辺を原産とするキク科の草花で、日本に入ってきたのは1970年代の頃といわれています。

 ”クリサンセマム”という呼び名は、もともとキク属(Chrysanthemum)全体を指す言葉なのですが、園芸店などでは一般に、白い花色の”レウカンセマム・パルドサム (Leucanthemum paludosum=Chrysanthemum paludosum=ノースポール)”と、黄色い花を咲かせるアルジェリア原産の、”クリサンセマム・ムルチコーレ(Chrysanthemum multicaule)”のことを”クリサンセマム”として販売されていることが多いようです。

 クリサンセマム(ノースポール)は、その清楚な白い花の姿が北極の白い氷を連想させることから、北極星を意味する”ノースポール”という別名で呼ばれるようになったのだそうです。

 クリサンセマム(ノースポール)は、一般的に秋にタネをまいて翌春から梅雨前ごろまで花を咲かせ、その後枯れる秋まき一年草として扱かわれていますが、秋の10月頃から春にかけて出回る花つきの苗を購入した場合は、育てる地域によってはその年の12月頃から、翌年の6月頃間まで花が楽むことができます。

 草丈はおよそ15cmから30cmで、白い花色のノースポールがよく知られていますが、やや性質の違う黄色い花を咲かせるムルチコーレも人気があります。花の大きさはおよそ3cmから4cm、舌状花と呼ばれる花を咲かせます。


 クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方
li03-08.gif
 秋から春に多く出回る花つきの苗で購入する場合は、どんなところに注意して選んだらいいのか、そのポイントをいくつかご紹介してみましょう。

 園芸店などでは、ポットや鉢に入った様々な大きさの苗が並んでいます。すでにたくさんの花が咲いているものや、花数は少ないものの、蕾がたくさんついたもの、背丈の高いもの、低いものなど様々ですが、まず、花や蕾の数にはあまりこだわらずに、できるだけコンパクトな枝の数の多いものを選んでおきましょう。

 気持ちとしては、今たくさんの花を咲かせているものや蕾の数の多いもの、大きく成長しているものに目が行ってしまうものですが、枝数の多い小さくコンパクトにまとまった株の方が、春にかけて、よりたくさんの花を咲かせてくれますので、苗選びの参考にしてみてください。

mum_003s.jpg
 クリサンセマム(ノースポール)は、冬の寒さにも強く、一度植えるとこぼれ種からどんどん芽を出して成長します。丈夫で育てやすく、ガーデニングは初めてという方でも花壇や寄せ植え、ハンギングバスケットで簡単に育てることができますので、ぜひ育ててみてください。


 今回は、クリサンセマム(ノースポール)の苗の選び方をご紹介しました。

スポンサーサイト

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。