トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

コスモス(秋桜)の育て方

2009年07月31日 18:21

 このページでは、鉢植えのコスモス秋桜)を上手に育てるポイントについてご紹介しています。


 コスモス秋桜)の上手な育て方

コスモス(秋桜)

 日本の秋を代表する草花と、いえば”コスモス秋桜”を思い浮かべる方も多いと思います。

 コスモス秋桜)を上手に育てるポイントは、種まきを少し遅めにして、肥料を与えすぎないこと。そして、水はけのよい土づくりと、十分な陽当たりに気をつければ、鉢植えでも十分にコスモスの花を楽しむことができます。


 今回は、種から育てるコスモスの上手な育て方をご紹介してみます。



 ポイント1.コスモスの種まきは遅めに


 コスモスの発芽に適した気温は、およそ20℃~25℃くらいですので、6月の終わり頃でも種まきはできますし、発芽もするのですが、種まきが早いと、草丈が伸びすぎてちょっとした風でも倒れやすくなります。

 特に、台風などの強い風を受けると、簡単に倒されてしまい、悪くすると茎が折れてしまいます。


 そこで、茎の成長を見越して、7月から8月頃に種まきをします。

コスモス(秋桜)

 コスモス畑などで、夏の初め頃から背丈をのばしているものもみかけることがありますが、これは昨年のこぼれ種が発芽して生長した株で、たいていは台風などで倒されてしまいます。
 そのため、コスモス畑の場合でも、本番の種まきは梅雨明けを待って行われるのが一般的です。


 また、コスモスは短日性植物ですので、早く種まきをしても、日が短くなる8月下旬にならなければ、花は咲きません。

 つまり、8月下旬からコスモスの花が咲きはじめることを見越して、7月から8月にかけて種を蒔けば、草丈も程よい高さになって、鉢植えにちょうどいい大きさにすることができる、というわけですね。

 ちなみに、草丈の低いセンセーションやキバナコスモスなどの早咲き種の場合は、4月頃に種まきをして管理すれば、夏に花を咲かせることもできます。



 ポイント2.種まきの用土は水はけに注意


 コスモスはとても丈夫な植物ですので、種まきに使う用土にも、それほど神経質になる必要はありません。園芸店などで販売されている、草花用の培養土に直接種を蒔いても、元気に育ってくれます。


 ただ、古い用土を使う場合は、水はけに注意してください。


 土の水はけが悪いと、枯れてしまうことはありませんが、軟弱な株になってしまいがちです。水はけに心配があるなら、あらかじめ川砂などを混ぜて水はけをよくしておきましょう。

 ひとつの鉢に種まきする数の目安としては、7~8号鉢に10粒ぐらいが良いでしょう。

 しばらくして本葉が3枚くらいになったら、元気な株を残して、軟弱な株を間引きしてください。残す株の目安は、7号~8号鉢に5株くらいがちょうどよいと思います。



 ポイント3.コスモスの倒伏防止

コスモス(秋桜)

 コスモスは、ちょっとした風でも倒れたり茎が折れたりしてしまいがちですので、草丈がおよそ50cmくらいになったら、倒伏防止のために、支柱を立てます。

 支柱は、1mくらいの長さのものを選びます。園芸店などでも数百円で販売されていますので、育てている株の数だけ用意しておいてください。


 もし、すでに倒れてしまった株があっても、茎が地面に接している部分から根が生えて来ますので、切り離して、別の鉢に植え直せば花を咲かせることもできます。



 ポイント4.コスモスの肥料は少なめに


 コスモスに与える肥料は、少なめにしてもだいじょうぶです。

 肥料を与えすぎると、かえって軟弱な株になってしまいますので、基本的には、種まきをする前に、ゆっくり効き目が現れる緩行性肥料を土に混ぜておけば、それから肥料を与えなくてもだいじょうぶです。





 ポイント5.コスモスは水やりも控えめに


 コスモスには、もともと乾燥した土地に生育する植物ですので、水やりも控えめにします。

 ただし、庭植えと違って鉢植えの場合は、土が乾燥しやすいので、土の表面が白く乾いたら、鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと与えて、ふたたび土の表面が白く乾くまで、水やりはしない、というかんじでやっていただければ、だいじょうぶです。


 あと、アブラムシやハダニなどが発生する場合がありますので、支柱を立てる頃に、オルトランなどの粒状の殺虫剤を株元にまいておくと安心です。



 今回は、鉢植えのコスモス(秋桜)を上手に育てるポイントについてご紹介してみました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    popoさん、ようこそ、いらっしゃいませ。

    コスモスは、すこしくらいアバウトでも、
    だいじょうぶですよ、丈夫な花ですから。

    でもね、長く楽しもうと思ったら、
    種まきのタイミングはけっこう重要です。

    popoさんとこには、広いお庭があるから、
    一度うまく咲かせたら、次の年は、
    こぼれ種でもきっと咲きますよ。

    ミヤコグサは、伏見ではほとんど見ることができません。
    お写真見せていただけて、うれしかったです。

    今度は、広い庭のあるおうちを目指して、
    がんばります。

    庭に咲いた花の種をやりとりできたら、
    楽しいでしょ。

    いつも応援、感謝しています。

  2. popo | URL | DMUUwyv6

    Re: コスモス(秋桜)の育て方

    こんばんは~お久しぶりです~りんさん★

    コスモスの種まき、タイミングがあるんですね~
    かなりいい加減に撒いていました~(^_^;)

    こぼれ種では家庭では無理に決まっています。

    種を収穫して梅雨明けがよかったんですね( ..)φメモメモ
    来年こそはそうしたいです。
    昨日早くもコスモスを、見かけました。
    秋のイメージのコスモスですが、実は夏から咲いているんですよね。昨年そう思ったのに・・・また新鮮な気持ちでした。

    先日浜辺でミヤコグサをみました。
    りんさんはもちろんご存じだと思いました。
    以前に空き地でもみていたので、烏帽子草ということも知りました。v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/15-0a5528a2
この記事へのトラックバック


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。