トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

園芸薬剤(農薬・水和剤)の安全な使い方と薄め方(希釈方法)

2010年07月18日 21:11

 草花を育てていると、どうしても病害虫の予防や駆除が必要になります。病害虫の予防と駆除には、植物の種類と用途に応じて、あらかじめ最適な濃度に調整されたスプレータイプの薬剤が簡単で便利ですが、同じ薬剤を続けて使っていると効果が薄れたり、まったく効かなくなったりといったことも起こってきます。

 そこで、何種類かの薬剤をローテーションしながら使うことになるのですが、その過程で、薄めて使うタイプの園芸薬剤農薬水和剤)を用いる場合もきっとあることだと思います。

 薄めて使う殺虫剤・殺菌剤・除草剤などの園芸薬剤は、正しく使えばとても高い効果がありますが、使用法や希釈倍率、つまり薄め方を間違うと効果が得られないばかりか、草花にダメージを与えたり、私たち自身の健康被害につながる可能性もあります。


 そこで、今回は、園芸薬剤農薬水和剤)の安全な使い方と、失敗しない薄め方(希釈のコツ)をご紹介してみたいと思います。



 園芸薬剤農薬水和剤)の安全な使い方


 取扱説明書をよく読んでから使う


 園芸薬剤農薬水和剤)の取扱説明書には、効果のある病気や害虫の種類、使える植物の種類だけでなく、使用時期や回数、薬害の有無、他の農薬水和剤と混用できるかどうかといった、大切な情報が書かれていますので必ず確認しておきましょう。


 必ず指示された希釈(きしゃく)倍率で使う


 たいていの園芸薬剤農薬水和剤)は、原液や粉末のまま使うことができません。そこで水で薄めて使うことになるのですが、その水で薄める倍率を表しているのが希釈倍率です。たいていは、1000倍~1500倍といった範囲を示す表示がされていることが多いと思います。

 1000倍~1500倍とは、ずいぶん開きがあるとお感じになるかとは思いますが、基本的には、病害虫の被害がまだ出ていない段階で、予防のために使う場合は低い方の倍率、すでに病害虫の被害があるようなら高い方の倍率で希釈して(薄めて)使う、と考えていただければいいでしょう。

 ちなみに、取扱説明書には、効果が期待できるすべての植物や草花の名前が書かれているわけではありません。もし、記載のない植物や草花に薬剤を使う場合は、まず低い方の倍率で希釈して使ってみて様子を見るといった使い方が安全です。

 さらに、園芸薬剤(農薬・水和剤)を散布するときは、風のない曇りの日を選んで、マスクや長袖の服などを着用し、できるだけ肌を露出させないようにしましょう。

 もし、どうしても晴れた日や風のある日に散布する場合は、低い方の濃度で使用するとか、風下に立たないといった注意をしてください。

 それから、鉢植えの草花などに園芸薬剤(農薬・水和剤)を散布する場合は、必ず家の外に鉢を出してから散布するようにしてくださいね。

 そして、散布を終えたら、必ず手や顔をよく洗って体に付いた薬剤を洗い流すようにしておきましょう。



 園芸薬剤(農薬・水和剤)の希釈倍率と薄め方


 園芸薬剤(農薬・水和剤)は、基本的に、たくさん作っておいて少しずつ使うといったことができません。そのためには、その日に散布する分量だけを正確に作る方法を知っておく必要があります。

 園芸薬剤(農薬・水和剤)を薄めるためには、バケツと計量カップ、キッチン・スケールなどのようなグラム単位で重さを量れるはかり、薄めた薬剤をかき混ぜるための攪拌棒と、散布するスプレー容器と漏斗(ろうと)が必要になりますので、あらかじめ用意しておいてください。



 まず、1回にどのくらいの量を散布するかを決めたら、


 1回に散布する量(ml)÷希釈倍率(倍)=溶かす薬剤の量(gもしくは、ml)


 の公式に当てはめて、何グラム(何ミリリットル)の園芸薬剤(農薬・水和剤)の原液(粉末)が必要かを割り出します。


 たとえば、3リットルの薬剤を散布すると仮定して、もしその園芸薬剤(農薬・水和剤)の指定する希釈倍率が1000倍だった場合、3リットル=3000mlですので、


 3000(ml)÷1000(倍)=3 となりますね。


 この”3”が、液状の農薬(乳剤)でしたら3mlということですし、粉末状の水和剤などでしたら3gということになります。


 これで、希釈に必要な園芸薬剤(農薬・水和剤)の原液(粉末)の量がわかりましたので、あとは薄めるだけなのですが、液状の乳剤と粉末状の水和剤とでは少しだけ手順が違いますので、注意してくださいね。



 乳剤(液状)の園芸薬剤を薄める場合


 乳剤(液状)の園芸薬剤を薄める場合は、あらかじめ、バケツに散布する薬剤の量のおよそ1/3くらいの水を入れて、そこに乳剤(液状)の園芸薬剤を入れてよくかき混ぜます。そして、残りの2/3の水を加えて、もう一度よくかき混ぜてできあがりです。



 粉末状の水和剤を薄める場合


 粉末状の水和剤を薄める場合は、まず粉末状の薬剤を水によく溶かすために、少しだけ水を入れます。そして、粉末状の薬剤が十分に水に溶けたら、散布する分量になるまで水を足してできあがりです。


 殺虫剤・殺菌剤・除草剤などの園芸薬剤には、そのまま使用できる、便利で手軽なスプレータイプの容器に入った製品もありますが、乳剤・水和剤などは、水で薄めて使用しなければなりません。

 この水で薄める段階で、指定通りの希釈倍率を守らずに使用すると、十分な結果が得られないばかりか、大切に育てている草花にダメージを与えてしまうこともあります。


 園芸薬剤(農薬・水和剤)は、取扱説明書に書かれている希釈倍数や使用方法、使用回数・使用時期、使用量を守って安全にお使いくださいね。



 今回は、園芸薬剤(農薬・水和剤)の安全な使い方と、失敗しない薄め方(希釈のコツ)をご紹介しました。



当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/31-bf1e68b8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。