トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

レウィシアの上手な育て方

2009年02月28日 11:27

 このページでは、レウィシア(Lewisia cotyledon:レウィシア コチレドン)の育て方についてご紹介しています。


 レウィシア岩花火) Lewisia cotyledon.(レウィシア コチレドン)  

 スベリヒユ科 レウィシア属の多年草 

レウィシア(Lewisia :和名 イワハナビ(岩花火)

 レウィシア(Lewisia cotyledon:レウィシア コチレドン)は、北アメリカ原産の植物で、主に高山の岩などで生育しています。

 オレンジやピンク、白など、花色のバリエーションが豊富なことから人気のある鉢花のひとつです。

 レウィシアは、やや多肉質の葉を放射状に広げながら生育します。株の中心から花茎を伸ばして、その先に花(花序)をつくります。








レウィシア(Lewisia :和名 イワハナビ(岩花火)



 名前の由来


 レウィシア(Lewisia)という名前は、18世紀のアメリカ人探検家のメリウェザー・ルイス(英語名:Meriwhther Lewis、1774年8月18日 - 1809年10月11日)の名前にちなんでつけられたといわれています。


 岩場に咲く花火のような花姿をしているところから、日本では、イワハナビ岩花火)という名前で呼ばれることもあります。

 日本には、昭和の初め頃に持ち込まれました。


レウィシア(Lewisia :和名 イワハナビ(岩花火)

 レウィシアを元気に育てて、美しい花を楽しむポイントは、置き場所と水やり、梅雨時と高温多湿の夏場の管理です。


 では、具体的にそのポイントを見てゆきましょう。


 鉢植えのレウィシアの置き場所


 レウィシアを、冬に戸外で育てる場合は、日当たりの良い場所に置きます。室内で育てる場合も、できるだけ日当たりのよい窓辺などに置いてください。

 室内で育てる場合は、冬の暖房に注意が必要です。あまり室温がが高すぎると、花つきが悪くなります。

 戸外で育てる場合は、夜間の冷え込み対策として(およそ5度Cを下回るような場合)、室内に取り込んでおくほうがよいでしょう。



レウィシア(Lewisia :和名 イワハナビ(岩花火)


 梅雨から夏場にかけて、レウィシアにとって厳しい季節になります。

 梅雨時期は、雨のかからない軒下に置くか、室内に置いて管理します。雨にかかったりすると株が腐り始めますので、とくに注意が必要です。

 レウィシアは、もともとが北アメリカの高山地帯の出身ですから、日本の高温多湿の夏が苦手です。

 気温がピークに達する夏場は、明るい半日陰の風通しのよいところで管理してくださいね。




レウィシア(Lewisia :和名 イワハナビ(岩花火)



 レウィシアの水やり

 レウィシアは、乾燥に強い植物ですから、一年を通して水やりは控えめにするのがポイントです。

 水やりのタイミングは、鉢の土の表面が白く乾いてから。

 水をやり過ぎたり、葉や茎に直接水をかけると、痛みやすく最悪の場合株が腐ります。



 レウィシアの肥料

 レウィシアは、成長期に2000倍程度に薄めた液体肥料を月に1回与える程度で十分です。

 むしろ、成長期以外は、基本的に肥料は必要ない、と考えて良いと思います。

 肥料を多く与えすぎると、花つきが悪くなったり、花が全く咲かなくなったりすることがあります。ひどくすると、根腐れをおこすこともありますので、注意してくださいね。


 レウィシアイワハナビ岩花火) スベリヒユ科 レウィシア属の多年草 Lewisia cotyledon.(レウィシア コチレドン)

 生育地     北アメリカ北西部の山岳地帯

 分 布    北アメリカ北西部。

 花 期     11月~翌年の5月頃まで。
 花 色     白、ピンク、オレンジなど多彩。

 花弁の数     およそ10枚前後(品種によって異なります)
 花の大きさ     およそ1cmくらい。

 葉の形     長楕円形で多肉。
 葉のつきかた     ロゼット状

 別 名     イワハナビ岩花火

 花言葉     熱い思慕


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | Gp06xE7A

    popoさん、ようこそいらっしゃいませ。

    コメントのお返事、遅くなってごめんなさい。

    レウィシアってほんとにすてきな花ですね。
    雨の多い季節にはちょっと気を遣いますが、そのぶん育てがいもあります。

    トップの写真は、清潔感がとってもすてきでしたので、
    いちばん目につくところに置いてみました。
    気に入っていただけてうれしく思っています。

    乾燥には強いレウィシアですが、夏の水やりにはとても気を遣いますね。

    いつも応援ありがとうございます。

  2. popo | URL | zNF3W8uI

    Re: レウィシアの上手な育て方

    こんばんは~りんさん★

    トップを飾るレウィシア、とっても素敵です。
    中心の若草色としべの黄色がとても好きです。
    知らないで見ると、ホントに何の花かと思ってしまいます。
    それ程、魅惑されるように撮ってらっしゃいます。♪

    うちのレウィシアは今は葉だけです~^^;
    夏の管理・・・自信がないですよん。(笑)v-22

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/4-394a070a
この記事へのトラックバック


最新記事


足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。