トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

ゲンペイカズラ(クレロデンドロン)の上手な育て方

2011年08月30日 06:53

 このページでは、ゲンペイカズラクレロデンドロン)の上手な育て方についてご紹介しています。


 ゲンペイカズラ(源平葛)は、西アフリカ周辺を原産とするクマツヅラ科クサギ属のツル(蔓)性低木です。ゲンペイカズラ(源平葛)は、花びらのように見える白い萼片と赤い花弁とのコントラストが鮮やかで美しく、育てやすい事から鉢植え植物としてとても人気があります。



 ”ゲンペイカズラ(源平葛)”という名前は、この白い萼へんと赤い花弁を、源氏の白旗と平氏の赤い旗に見立てて名付けられたと言われ、花屋さんなどでは、ゲンペイカズラ(源平葛)という名前の他に、学名の”クレロデンドロン”や”源平木(げんぺいぼく)”という名前で店先に並んでいることもあります。


 ゲンペイカズラ(源平葛)の上手な育て方


 ゲンペイカズラ(源平葛)を鉢植えで上手に育てには、まず置き場所が大切です。

 ゲンペイカズラ(源平葛)は、陽当たりを好む植物ですので、基本的に春から秋までの間は、戸外の陽当たりの良い場所に置いて管理しましょう。ただし、陽射しがとくに厳しくなる真夏は、直射日光を避けて、半日陰のような場所に移しておいてください。

 ゲンペイカズラ(源平葛)は、本来とても丈夫な植物ですので、陽当たりのあまり良くないベランダのような場所でも育てることができますが、水切れに弱いという性質がありますので、とくに夏の高温期には、水を欠かさない事が上手に育てる大切なポイントです。土が乾き始めたら十分な水やりを心がけてください。

 夏が過ぎて、朝夕の気温が低下し始めても、基本的には戸外に出しておいても大丈夫ですが、気温が0度を下回るようになったら、陽当たりの良い室内に移して、霜に当てないように注意してください。

 再び春が来て霜の心配がなくなれば、戸外に出しても大丈夫です。

 また、春はゲンペイカズラ(源平葛)の鉢替えに絶好のタイミングですので、市販の培養土などを使って、ひとまわり大きな鉢に植え替えます。

 ちなみに、花屋さんなどで売られているゲンペイカズラ(源平葛)は、多くの場合コンパクトな姿に仕立てる目的などもあって、丈や蔓の生長を抑制する矮化剤が使われています。

 この矮化剤の効力が切れると、ゲンペイカズラ(源平葛)本来の生長が始まり、草丈や蔓が旺盛に伸び始めますので、鉢替えの際には、大きめの鉢に支柱を立てて管理すると、ボリュームのある姿を楽しむことができます。


 今回は、ゲンペイカズラ(クレロデンドロン)の上手な育て方についてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/51-bffe504c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。