トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミング

2013年04月26日 12:55

 このページでは、カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミングについてご紹介しています。


 カイガラムシ(介殻虫)とは?


 カイガラムシ(介殻虫)は、植物葉や茎、果実に寄生して汁液を吸う吸汁性害虫のひとつで、ランの仲間や花木、果樹など広範囲な植物に寄生します。

 カイガラムシ(介殻虫)は、わかっているだけでもおよそ400種、実際にはその数の倍以上はいるとされ、そのほとんどは体長2~3mmととても小さく、貝殻のような殻を被っているもの、体表が綿状のろう(蝋)物質で覆われているもの(ロウムシ類)、体表に粉を吹いたような物質をつけたもの(コナカイガラムシ類)などがあり、それぞれに姿形や習性が違います。

 カイガラムシ(介殻虫)は、園芸的には、花木や果樹の汁液を吸い、その生育を衰えさせたり、すす病やこうやく病の遠因となったりすることから駆除すべき害虫として扱われている一方で、その体を覆っている特殊なロウ(蝋)物質や、体内に蓄積される色素などが貴重な資源となっているという一面も持っています。


 カイガラムシの被害


 すでにご紹介したように、カイガラムシ(介殻虫)は、ランや花木、果樹など広範囲の植物の葉や茎、果実に寄生してその汁液を吸い、寄生した植物の生育を妨げる害虫です。このような害虫をとくに吸汁性害虫ともいいます。

 カイガラムシ(介殻虫)そのものを見つけることができなくても、多くの場合カイガラムシ(介殻虫)に寄生されたたかどうかは葉の表面の変化を見ればわかります。

 カイガラムシ(介殻虫)に寄生された植物の葉は、その表面に特徴的な光沢のある粘液が付着したような症状が現れます。これは、カイガラムシ(介殻虫)をはじめとした吸汁性害虫に寄生されていることを知る有力な手がかりになります。

 カイガラムシ(介殻虫)に寄生された植物は、次第に生育が衰え、新しい芽が出にくくなったり、枝や葉の生育が鈍くなったりといった症状が現れ、そのまま症状が進めばほとんど立ち枯れのような状態になって枯死することもあります。

 また、植物の葉や茎、枝に蓄積されたカイガラムシ(介殻虫)の排泄物は、すす病やこうやく病といった草木の病気の温床となり、その結果光合成が妨げられ植物を弱らせ枯死する原因ともなります。

 こうしたカイガラムシ(介殻虫)が寄生したことによって引き起こされる被害は、植物の生育に関わるものばかりではありません。

 とくに観賞用の植物がカイガラムシ(介殻虫)に寄生されると、先ほどご紹介した葉の表面に現れる光沢のある粘液が付着したような症状も含めて、とても見苦しい状態になります。


 カイガラムシの駆除方法と効果的な薬剤


 カイガラムシ(介殻虫)は、寄生されていることに気づいてから駆除するのがとても難しい害虫のひとつで、気がついたときには大量に寄生されて手がつけられないということも珍しいことではありません。

 その主な理由として、カイガラムシ(介殻虫)の体が貝殻のようなロウ(蝋)物質で覆われていて、薬剤がカイガラムシ(介殻虫)の体内に届きにくいこと、カイガラムシの種類によって薬剤の効果の差が大きいということが挙げられます。

 ただし、カイガラムシ(介殻虫)にも弱点があります。それは、成虫になる前の抵抗力の弱いふ化直後は、薬剤が効果的に作用するということ。

 卵からふ化した直後のカイガラムシ(介殻虫)の幼虫は、薬剤に対してまったくといっていいほど抵抗力がなく、アクテリック乳剤、オルトラン乳剤、スミチオン乳剤などの薬剤が効果を発揮します。


 薬剤散布のタイミング


 薬剤散布によるカイガラムシ(介殻虫)の効果的な駆除を考えるうえで問題になるのは、カイガラムシ(介殻虫)のふ化のタイミングがいつなのかということです。数多くの種類があるカイガラムシ(介殻虫)のふ化にタイミングを合わせて薬剤を散布しなければ、ほとんど効果が期待できません。

 一般的には、およそ5月~7月にかけて多くのカイガラムシ(介殻虫)の仲間がふ化のタイミングを迎えます。そのため、この時期に、カイガラムシ(介殻虫)の寄生が確認できていてもいなくても、月2~3回程度の割合で薬剤の散布を行うことが、カイガラムシ(介殻虫)の予防と駆除につながります。

 この際の薬剤の散布には、希釈の必要があるアクテリック乳剤、オルトラン乳剤、スミチオン乳剤だけでなく、スプレータイプのものでも効果的です。


 もうひとつのカイガラムシの駆除方法


 また、カイガラムシ(介殻虫)の駆除の方法のひとつとして、手作業でひとつひとつ取り除くという方法もあります。

 育てている植物の大きさや数によっては非常に手間のかかる作業になりますが、鉢植えなどの小さなものであれば、ブラシなどを使ってこすり落とすのが一番有効な手段になります。


 今回は、カイガラムシ(介殻虫)駆除の方法とタイミングについてご紹介しました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/85-5ac845e4
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。