トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   かんたん相互リンク・リンク集

草木の病気の基礎知識

2009年06月14日 15:21

 このページでは、鉢植えの草花を育てる上で知っておきたい草木の病気の基礎知識についてご紹介しています。



草木の病気
 草木の病気

  鉢植えに限らず、草花などの草木を育てる上で、誰もが頭を抱える問題、それが病害虫による草木への被害です。

 草木はやってくる害虫や、雨や風にまぎれてやってくる病原菌から、自分の体を動かして逃げることができません。育てている私たちが生育に適した環境を整えてあげる必要があります。

 そのためには、病害虫の正しい知識と対策が欠かせません。

 そこで今回は、鉢植えの草花を育てる上で知っておきたい、草木の病気の基礎知識についてご紹介してみましたので、ぜひご参考になさってみてください。


草木の病気の基礎知識
 草木の病気の基礎知識


  大切に育てている鉢植えの草花の様子がおかしい、葉の色が悪くなった、ツヤがなくなった、株が弱々しくなった、蕾が出ない、せっかく出た蕾がぽろぽろ落ちる、花が咲かない ……。

 草木を育てているといろんなことが起こります。水やりや陽当たりが原因の場合も、もちろんありますが、もし病気が原因だとしたら、早めの処置が必要になります。

  草木には、大きく分けて、糸状菌(カビ)、細菌類(バクテリア)、ウィルスなどに侵入されることによって病気になる場合と、環境などの影響で病気になる場合の2つがあります。この2つは、伝染する病気と、伝染しない病気、というふうに言い換える事もできます。


伝染する草木の病気
  伝染する草木の病気

 草木のかかりやすい病気の中で、注意しなければならないのが伝染する草木の病気です。悪くすると、病気が発生した株だけでなく、一緒に育てている草木全体が感染して、大きなダメージを受けるということも珍しくありません。


伝染する草木の病気の原因
 伝染する草木の病気の原因

 1.カビ(黴)が原因となって病気が引き起こされる場合。

 胞子で繁殖するカビ(糸状菌)が、草木に付着して発芽し、繁殖しながら草木の細胞内にまで侵入して様々な症状を引き起こします。


 2.バクテリアが原因となって病気が引き起こされる場合。

 バクテリアは、カビ(黴)よりもずっとちいさく、その多くは”べん毛”を持っていて、水(水分)があるところであれば泳いで移動し、細胞分裂によって増殖します。


 3.ウィルスが原因となって病気が引き起こされる場合。

 ウィルスは、バクテリアよりもさらにちいさく、草木の胎内に侵入して増殖します。

 そのため、一度ウィルスによる病気にかかると、農薬などの薬剤を使っても回復させることが困難で、感染した草木の株自体が感染源となりますので、多くの場合引き抜いて処分することになります。


伝染する草木の病気の伝染経路
  伝染する草木の病気の伝染経路


1.雨水などに病気の原因菌が混入し感染。

2.原因菌の胞子が、風に飛ばされて飛来し感染。

2.土に病気の原因菌が混入し、根から感染。

3.昆虫やその他の小動物が仲介となって病気の原因菌に感染。

4.病気の原因菌が付着した用具、用品を使用して感染。


伝染しない草木の病気
 伝染しない草木の病気

 草木の病気は、カビ、バクテリア、ウィルスなどによって発生しますが、植えられている環境や、天候、間違ったお手入れなどによる場合でも病気になることがあります。

 言うまでもなく、草木が健康に生長するには水分、養分、太陽の光が必要です。この3つのバランスが崩れてしまうと細菌の感染といったものとは別の生理的な障害によって草木は病気になることがあります。

 ただ、この場合は、その環境を改善してあげれば病気はそれで収まり、他の草木に伝染することはありません。


伝染しない草木の病気の発生原因
 伝染しない草木の病気の発生原因

1.土 … 排水性、通気性、保水性がその草木の生育に適していない場合、病気になることがあります。また土の酸性度(Ph)が偏って、過度にアルカリ性が強い、あるいは過度に酸性が強いなどの場合も病気の原因となります。

2.天候 … 高い気温、低すぎる気温、梅雨の長雨、日照不足、日照り続きなどが原因で草木に病気が発生します。

3.管理 … 不適切な草木の管理が原因となって病気が発生します。具体的には、肥料の与えすぎ、水分の与えすぎ、間違った薬剤の使い方などがその原因として挙げられます。


 草木のかかりやすい病気の予防と対策については、当サイトの、

 草木の病気の予防と対策 … うどんこ病、すす病、さび病

 をご覧ください。



 今回は、、鉢植えで草花を育てる上で知っておきたい草木の病気の基礎知識についてご紹介してみました。


当サイトは、にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物ランキングに参加しています。記事がお役にたちましたら、下のリンク一押し応援をお願いいたします。(*^_^*)
にほんブログ村 花ブログ 鉢植え植物へ


●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。
  トップページ   サイトマップ   運営者情報   リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://linghum0128.blog115.fc2.com/tb.php/9-f648e9dc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    足の臭いの悩み・原因と対策・解消法 暮らしと資格の情報室 コスモスの育て方 金魚の飼い方・育て方 うさぎ(兎)の飼い方・育て方
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。